map-mbone(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

map-mbone

前のページ 上に戻る 次のページ

map-mbone


               [-t timeout_count] [starting_router]


解説

     map-mbone は、 starting_router で指定したマルチキャストルータから到達可能
     なすべてのマルチキャストルータについて表示します。コマンドラインに何の指
     定もない場合、デフォルトのマルチキャストルータ starting_router は、ローカ
     ルホスト(localhost)になります。

     map-mbone は、ASK_NEIGHBORS IGMP メッセージを送信することで、隣接するマル
     チキャストルータのデータ取得を行ないます。指定したマルチキャストルータか
     らの応答があった場合には、その応答の中にあるバージョン番号と隣接するマル
     チキャストルータのアドレス一覧が出力されます。応答したルータが、最新のマ
     ルチキャストバージョン番号を持つ場合には、 map-mbone は、そのルータに対し
     てメトリック、スレッショルド、フラグのような追加情報を要求します。隣接す
     るマルチキャストルータに新たな事象が発生し、フルーディングオプションが使
     用可能な場合、 map-mbone は、隣接するそれらのマルチキャストルータそれぞれ
     に対して新たな情報を求めます。また、マルチキャストルータの検索は、マルチ
     キャストルータがそれ以上みつからないという状態になるまで継続します。以下
     のオプションを使用可能です。

     -d      デバッグレベルを設定します。デバッグレベルがデフォルトレベルであ
             る 0 よりも大きい場合、追加デバッグメッセージが画面に出力されま
             す。デバッグレベルにかかわらず、エラーについてはエラーメッセージ
             が出力され、 map-mbone は終了します。デバッグレベルが 0 でない場
             合、以下の効果があります。

             level 1
                     パケットの警告が標準エラー出力に対して出力されます。

             level 2
                     すべてのレベル 1 のメッセージに加えて、ネットワークダウン
                     の情報が標準エラー出力に対して出力されます。

             level 3
                     すべてのレベル 2 のメッセージに加えて、すべてのパケットタ
                     イムアウトの情報が標準エラー出力に対して出力されます。

     -f      フルーディングオプションを設定します。フルーディングオプションを
             有効にすることで、再帰的に隣接するマルチキャストルータを検索する
             ことを許可します。そして、starting_router が指定されない場合に
             は、このオプションはデフォルトでは有効になっています。

     -g      GraphEdフォーマットにしたがったグラフ出力を有効にします。

     -n      マルチキャストルータの名前の検索に DNS を使わないように設定しま
             す。

     -r retry_count
             隣接ルータに対するリトライ制限を設定します。デフォルトではリトラ
             イ回数は 1 です。

     -t timeout_count

ABELNET VPSサービス