makemap(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

makemap

前のページ 上に戻る 次のページ

makemap



書式

       makemap  [-C file] [-N] [-c cachesize] [-d] [-e] [-f] [-l]
       [-o] [-r] [-s] [-u] [-v] maptype mapnam


解説

       makemap は、 sendmail(8) がキー付きマップを検索する際に 用
       いるデータベースマップを作成します。これは標準入力から読み
       込みを行い、指定された mapname に出力を行います。

       コンパイル方法に依存しますが、 makemap は最大 3 種類のデー
       タベースフォーマットを扱います。扱うフォーマットは maptype
       で指定します。 maptype には、以下のようなものがあります。


       dbm    DBM フォーマットマップ。 ndbm(3) ライブラリが必要で
              す。

       btree  B-Treeフォーマットマップ。新しい Berkeley DB ライブ
              ラリが必要です。

       hash   ハッシュフォーマットマップ。同じく Berkeley DB ライ
              ブラリが必要です。

       す べてのフォーマットで、 makemap は標準入力から空白文字で
       区切られた 2 つの単語を読み込みます。最初の単語はデータ ベ
       ー ス キーで、2番目の単語がその値です。値が ``%n'' (n は数
       字) という文字列を含んでいると、sendmail がパラメータ置 換
       を行います。 ``%'' という文字を含めるには、``%%'' とする必
       要があります。空行や ``#'' から始まる行は無視されます。

       TrustedUser オプションが sendmail の設定ファイル中で設定さ
       れ て お り、 makemap が root に起動された場合、生成された
       ファイルは指定された TrustedUser の所有となります。


   B>フB>ラB>グ
       -C     TrustedUser オプションを見付けるために、指 定 し た
              sendmail 設定ファイルを使用します。

       -N      文 字 列の終端記号として、ヌル文字もマップに含めま
              す。これは、sendmail.cf の ``K'' 行における -N フラ
              グと一致していなければなりません。

       -c      指定したハッシュと B-Tree キャッシュサイズを使用し
              ます。

       -d     マップ中に重複するキーが存在することを許 し ま す。
              B-Treeフォーマットマップでのみ可能です。 2 つの同じ
              キーが読まれた場合、両方ともマップに挿入されます。

       -e     空の値を許します (右側の値)。


       -s      生成されるマップの安全チェックを無視します。これに
              は、だれでも書き込めるディレクトリへのハードリン ク
              およびシンボリックのチェックも含まれます。

       -u     データベースの内容を、標準出力へダンプ (アンマップ)
              します。

       -v     処理の内容を詳細に表示します。


関連項目

       sendmail(8)


歴史

       makemap コマンドは 4.4BSD から登場しました。



                        November 16, 1992              MAKEMAP(8)

ABELNET VPSサービス