mailwrapper(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mailwrapper

前のページ 上に戻る 次のページ

mailwrapper




解説

     かつて、容易に使うことのできるメール転送エージェント (MTA) は sendmail(8)
     のみでした。このため、たとえば mail(1) のように、ほとんどのメールユーザエ
     ージェント (MUA) は sendmail(8) が期待するパスと呼び出し規則を持っていま
     した。

     しかし時代は変わりました。現在の UNIX システムにおいては、管理者はいくつ
     か入手可能な MTA のなかから好きなものを使いたいと思うかもしれません。

     しかし、システムで通常使われている MUA ソフトウェアを全て修正するのは困難
     でしょう。そこで、代替 MTA のほとんどはフロントエンドメッセージ提示プログ
     ラムを用意しています。これにより代替 MTA は sendmail(8) と同じ呼び出し規
     則を使い、 /usr/sbin/sendmail にある sendmail(8) の代わりに利用することが
     できます。

     sendmail(8) は通常、自身にリンクされた mailq(1)newaliases(1) という名
     前のエイリアスを持ちます。sendmail は、その argv[0] が ``mailq'' であるか
     ``newaliases'' であるかによって違った振る舞いをすることを認識しており、そ
     れぞれに見合った動作をします。通常、代替 MTA は、呼ばれた名前によってその
     挙動を変えるプログラムや、あるいはそれと似たような機能を提供する一連のプ
     ログラムを通して sendmail に似た機能を提供します。

     たとえ、代替 MTA をインストールする際に sendmail(8) を置き換える手助けを
     してくれるプログラムがあったにしても、本質的にそのようなプログラムは、シ
     ステムの設定を /usr ディレクトリに頑張ってインストールしたプログラムに依
     存したものにするだけのことです。このことは、多くの管理者にとって設定に関
     する問題の原因となります。なぜなら、 /usr で既に提供されているものをその
     ままにして、新しい MTA をインストールしたいと思うかもしれないからです (こ
     のようにしたいのは、たとえば古いシステムの上に新しいバージョンのシステム
     をインストールする際に生じる、アップグレードの問題を回避したいからでしょ
     う)。また、複数のマシン間で /usr を共有もしているのかもしれません。そうで
     あれば、読取り専用の /usr ディレクトリ中に暗黙のうちに設定情報を置いてし
     まうことは避けたいでしょう。

     mailwrapper/usr/sbin/sendmail
      を置き換え、そして、 /etc/mail/mailer.conf
      に置かれた設定情報に基づいて sendmail(8) の代わりとなる適切な MTA を起動
     するために設計されたものです。これにより管理者は、実行時にシステム上でど
     の MTA が起動されるべきかを設定することができます。


関連ファイル

     mailwrapper のための設定は /etc/mail/mailer.conf に保存されています。
     /usr/sbin/sendmail は一般的に mailwrapper へのシンボリックリンクとして設
     定されており、通常単体では起動できません。


診断

     設定ファイルが見つからない場合や、設定ファイルの内容が不適切であった場
     合、もしくは、 mailwrapper を起動する際に指定した名前とその振る舞いとの対
     応関係が設定ファイル中に含まれていない場合、 mailwrapper はエラーを返し、
     メッセージを表示します。

     る」ものは排除するべきです。

FreeBSD 4.4                    December 16, 1998                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス