mailstats(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mailstats

前のページ 上に戻る 次のページ

mailstats



書式

       mailstats [-o] [-p] [-C cffile] [-f stfile]


解説

       mailstats は、現在のメールの統計情報を表示します。

       ま ず、 統計が開始された時刻が ctime(3) で指定されるフォー
       マットで表示されます。次に、各メーラの状態が 1 行で表示 さ
       れ ま す。それぞれ空白で区切られた次のフィールドからなりま
       す:

              M           メーラ番号。
              msgsfr      メーラからのメッセージ数。
              bytes_from  メーラからのキロバイト数。
              msgsto      メーラへのメッセージ数。
              bytes_to    メーラへのキロバイト数。
              msgsrej     拒否されたメッセージ数。
              msgsdis     捨てられたメッセージ数。
              Mailer      メーラ名。

       この表示の後、すべてのメーラの総計行が表示されます ( 前 に
       ``T'' が付きます)。これらは、等号 (``='') 文字のみからなる
       行によりその前の情報と分けられます。文字 ``C'' が前に付 く
       他の行は、接続数を示します。

       オプションは以下の通りです:

       -C      デフォルトの sendmail 設定ファイルの代りに指定され
              たファイルを読みます。

       -f     sendmail 設定ファイルで指定されている統計情報ファイ
              ルの代りに、指定された統計情報ファイルを読みます。

       -p      プログラムが読み取る形式で情報を出力し、統計情報を
              クリアします。

       -o     出力においてメーラ名を表示しません。

       mailstats は成功時には 0 で、エラー時には >0 で終 了 し ま
       す。


関連ファイル

       /etc/mail/sendmail.cf     デフォルトの sendmail 設定ファイ
                                ル
       /etc/mail/statistics     デフォルトの sendmail 統 計 情 報
                                ファイル


関連項目

       mailq(1), sendmail(8)




ABELNET VPSサービス