lptcontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lptcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

lptcontrol




解説

     lptcontrol コマンドは、各 lpt(4) デバイスの割り込み駆動モード/拡張モード/
     ポーリングモードを設定するために用いられます。プリンタがあるモードから別
     のモードへ切り替えられると、その切り替えは次回デバイスがオープンされたと
     きに有効になります。

     拡張モードとは、パラレルポートインタフェースがサポート可能な任意のもので
     す。 ECP/ISA パラレルポートにおいては、FIFO+DMA または ECP でしょう。

     以下のコマンドラインオプションがサポートされています:

     -i      割り込み駆動モードにします。

     -p      ポーリングモードにします。

     -e      拡張モードにします。

     -s      標準モードにします。すなわち、拡張モードをオフにします。

     -d device
             device で指定されたプリンタデバイスのモードを設定します。 device
             のデフォルト値は /dev/lpt0 です。

     -i, -p -e のいずれか 1 つを必ず指定しなければなりません。


関連ファイル

     /dev/lpt?               プリンタデバイス。
     /dev/lpctl?             プリンタ制御デバイス。
     /sys/i386/conf/GENERIC  カーネル設定ファイル。


バグ

     きっといくつかあるでしょう。


関連項目

     lpt(4)


作者

     Geoffrey M. Rehmet


歴史

     lptcontrol は FreeBSD 1.1.5 で初めて登場しました。

FreeBSD 4.4                    September 3, 1994                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス