lpc(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lpc

前のページ 上に戻る 次のページ

lpc




解説

     lpc は、システム管理者がラインプリンタの動作を制御するために使われます。
     各ラインプリンタの設定は /etc/printcap で行います。 lpc は以下の目的で利
     用します。

           o   プリンタの利用可能/不可能の設定を行う

           o   スプールキューへのジョブ投入可能/不可能の設定を行う

           o   スプールキュー内のジョブの順番を並べ直す

           o   プリンタ、スプールのキュー、およびプリンタデーモンのステータス
               を調べる

     引数なしの場合、 lpc は標準入力からコマンドを読むためにプロンプトを出しま
     す。引数をつけた場合、第 1 引数をコマンドとし、残りの引数をそのコマンドの
     パラメータと解釈します。標準入力をリダイレクトして、 lpc にファイルからコ
     マンドを読み込ませることもできます。コマンドは略して書くことができます。
     利用可能なコマンドを以下に列挙します。

     ? [command ...]
     help [command ...]
             引数で指定したコマンドの簡単な説明を表示します。引数がないときは
             コマンドの一覧を表示します。

     abort {all | printer}
             ローカルホスト上の動作中のスプールデーモンをただちに終了させ、指
             定したプリンタをプリントアウトできないように ( lpr(1) が新しいデ
             ーモンをスタートさせないように) します。

     clean {all | printer}
             ローカルマシン上の指定したプリンタのキューから、出力できない (す
             なわち、完全なプリンタジョブの形になっていない) テンポラリファイ
             ル、データファイル、コントロールファイルをすべて削除します。本コ
             マンドは、各プリンタキューに対し、スプールディレクトリ中の core
             ファイルも探し、発見されたものを列挙します。本コマンドは core
             ファイルを削除しません。 tclean コマンドも参照してください。

     disable {all | printer}
             指定したプリンタのキューをオフにします。これにより、 lpr(1) に
             よって新しいプリンタジョブがキューに入らないようになります。

     down {all | printer} message ...
             指定したプリンタのキューをオフにし、プリントアウトできないように
             し、プリンタのステータスファイルに message を書きます。メッセージ
             は引用符で囲む必要はなく、残りの引数は echo(1) と同様に扱われま
             す。通常、このコマンドはプリンタをダウンさせ、ユーザに対しそのダ
             ウンの理由を lpq(1) によって説明させるために使われます。

     enable {all | printer}
             指定したプリンタ用のキューのスプーリングを行うようにします。これ

     start {all | printer}
             指定したプリンタを出力可能にしてスプールデーモンをスタートさせま
             す。

     status {all | printer}
             ローカルマシン上のデーモンとキューの状態を表示します。

     stop {all | printer}
             現行のジョブが終了したあとでデーモンのスプーリングをストップさ
             せ、プリントアウトできないようにします。

     tclean {all | printer}
             本コマンドは、 clean コマンドのテスト実行を行います。同じチェック
             が行れますが、同様の clean コマンドが入力された場合に実行する事柄
             を、本コマンドは表示します。本コマンドは、いかなるファイルも削除
             しません。 clean は特権コマンドですが、 tclean は制限がありませ
             ん。

     topq printer [jobnum ...] [user ...]
             引数に並べた順番で、ジョブをキューの先頭に移動させます。

     up {all | printer}
             すべての状態を可能状態(enable)にし、新しいプリンタデーモンをスタ
             ートさせます。 down の逆です。


関連ファイル

     /etc/printcap       プリンタの設定を記述するファイル
     /var/spool/*        スプールディレクトリ
     /var/spool/*/lock   プリンタキューの制御を行うためのロックファイル


関連項目

     lpq(1), lpr(1), lprm(1), printcap(5), lpd(8)


診断

     ?Ambiguous command  コマンド指定が省略し過ぎのため、複数のコマンドにマッ
     チしています。

     ?Invalid command  マッチするコマンドがありません。

     ?Privileged command  "operator" グループのメンバか root でなければこのコ
     マンドは実行できません。


歴史

     lpc コマンドは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 20, 2001                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス