kgmon(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

kgmon

前のページ 上に戻る 次のページ

kgmon




解説

     kgmon は、オペレーティングシステムのプロファイリングを行うときに使うツー
     ルです。引数を指定しないときは、 kgmon はオペレーティングシステムのプロ
     ファイリングの状態、つまり、実行中か停止中か未設定か (config(8) を参照)を
     示します。 -p が指定されると、 kgmon はオペレーティングシステムからプロ
     ファイルデータを取り出し、後で gprof(1) で分析できるようにファイル
     gmon.out を作ります。

     オプションは以下の通りです:

     -B      高精度のプロファイルデータの収集を再開します。

     -b      低精度のプロファイルデータの収集を再開します。

     -h      プロファイルデータの収集を停止します。

     -p      プロファイルバッファの内容をファイル gmon.out にダンプします。

     -r      プロファイルバッファのすべての内容をリセットします。このとき -p
             が指定されていると、バッファの内容をリセットする前に gmon.out に
             出力します。

     -M      名前のリストに関連する値を取り出す際、デフォルトの ``/dev/kmem''
             のかわりに指定した core を使います。

     -N      名前のリストを取り出す際に、デフォルトの ``/kernel'' のかわりに指
             定した system を使います。

     -B, -b, -h のいずれも指定されなければ、プロファイル収集の状態は変化しませ
     ん。たとえば、プロファイルデータの収集中に -p が指定されると、プロファイ
     リングは一時的に中断され、オペレーティングシステムのプロファイルバッファ
     がダンプされ、すぐにプロファイリングが再開されます。


関連ファイル

     /kernel    デフォルトのカーネルファイル名
     /dev/kmem  デフォルトのメモリファイル


関連項目

     gprof(1), config(8)


診断

     /dev/kmem にリードパーミッションしか持たないユーザは、プロファイル収集の
     状態を変更することができません。 gmon.out ファイルを得ることはできます
     が、プロファイリング実行中には、データに矛盾がでる可能性があるという警告
     が表示されます。


歴史

     kgmon コマンドは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス