keyserv(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

keyserv

前のページ 上に戻る 次のページ

keyserv




解説

     keyserv デーモンは、ログインした各ユーザのプライベートな暗号鍵を格納する
     ために使用されます。これらの暗号鍵は、安全な NFS などの安全なネットワーク
     サービスにアクセスするために使用されます。

     通常、デーモン起動時に、root の鍵がファイル /etc/.rootkey から読み取られ
     ます。これは、パスワードを入力する人が周囲にいないとき、電源切断によるリ
     ブートが発生する場合に有用です。

     秘密鍵を持たないクライアントが keyserv を呼び出した場合、ユーザ nobody の
     鍵がデフォルトの鍵の代わりに使用されます。

     次のオプションが使用可能です:

     -d      nobody に対するデフォルトの鍵の使用を禁止します。

     -D      デバッグモードで実行し、 keyserv に対するすべての要求をログしま
             す。

     -n      root の秘密鍵を /etc/.rootkey から読み取りません。代りに、
             keyserv はユーザにパスワードの入力をうながし、これを使用して
             /etc/publickey データベースに格納された root の鍵を復号し、復号し
             た鍵を将来使用するために /etc/.rootkey に格納します。このオプショ
             ンが有用なのは、 /etc/.rootkey ファイルが古くなったり、壊れた場合
             です。

     -p path
             libdes.so.3 を検索する場所を指定します。デフォルトは /usr/lib で
             す。

     -v      DES サポートの状態を表示します (有効/無効)。


関連ファイル

     /etc/.rootkey
     /usr/lib/libdes.so.3


関連項目

     keylogin(1), keylogout(1), publickey(5)

FreeBSD 4.4                   September 14, 1992                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス