isdntrace(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

isdntrace

前のページ 上に戻る 次のページ

isdntrace


               [-p filename] [-r] [-u number] [-x] [-B] [-F] [-P] [-R unit]
               [-T unit]


解説

     isdntrace は isdn4bsd パッケージの一部であり、 D チャネル上のレイヤ 1, 2,
     3 のプロトコルアクティビティのニーモニック表記と、 B チャネルアクティビ
     ティの 16 進数ダンプを、ユーザに提供するために使用されます。

     受動動作がサポートされているカード 2 枚および容易に作成可能なケーブルと共
     に本ユーティリティを使用することにより、 S0 バス上のトラフィックを完全に
     監視して、 S0 バスアナライザ機能を提供することもできます。

     isdntrace ユーティリティは、受動動作がサポートされているカードでのみ動作
     します。

     注

     すべてのファイルは、ユーザが指定してもデフォルトであっても、タイムスタン
     プ文字列が -yyyymmdd-hhmmss の形式で追加されます。この形式は、ハイフン、4
     桁の年、2 桁の月と日、ハイフン、 2 桁の時間と分と秒です。トレースファイル
     は上書きされることはありません。 1 秒以内に新規ファイルが必要な場合、ファ
     イル名生成機構は 1 秒間眠ります。

     プログラムが USR1 シグナルを送られた場合、ユーザが指定した新規ファイルま
     たはデフォルトのファイル名に、新規の日付とタイムスタンプを付けたものが、
     生成されてオープンされます。

     次のオプションを使用可能です:

     -a      2 枚の受動カードとカスタムケーブルを使用して、 isdntrace をアナラ
             イズモードで動作させます。カスタムケーブルは、isdn4bsd ソース配布
             物中のファイル cable.txt に記述されている方法で作成可能です。片方
             のカードが S0 バスの送信方向におけるレシーバとして動作し、もう片
             方のカードが S0 バスの受信方向におけるレシーバとして動作します。
             この設定により、完全なトラフィック監視が可能となります。

     -b      B チャネルのトレースをオンにします (デフォルトではオフです)。

     -d      D チャネルのトレースをオフにします (デフォルトではオンです)。

     -f      トレース出力を書き込むファイル名として filename を使用します (デ
             フォルトのファイル名は isdntrace<n> であり、 n はトレースに使用す
             るユニット番号です)。

     -h      ヘッダ表示をオフにします (デフォルトではオンです)。

     -i      レイヤ 1 アクティビティを監視するために、レイヤ 1 (I.430) INFO シ
             グナルを表示します (デフォルトではオフです)。

     -l      レイヤ 2 (Q.921) フレームの表示をオフにします (デフォルトではオン
             です)。

             を使用します (デフォルトでは 0 です)。

     -x      Q.931 プロトコル識別を持たないパケットの表示をオンにします (デ
             フォルトではオフです)。

     -B      後でアナライズするためまたは遠隔アナライズするために、デコード前
             のバイナリトレースデータをファイルに書き込みます (デフォルトでは
             オフです)。

     -F      オプション -P (バイナリデータファイルの再生) が使用されたときだ
             け、本オプションを使用可能です。オプション -F を指定すると、ファ
             イルが終了しても再生を終了せずに、更なるデータが入力ファイルから
             利用できるようになるまで待つようにさせます。

             (ディスクスペースを節約するために) トレースデータをバイナリ形式で
             収集しているときに、監視機構もまた必要な場合に、本オプションが有
             用です (デフォルトではオフです)。

     -P      デバイスからではなく、ファイルから、デコード前のバイナリトレース
             データを読み込みます (デフォルトではオフです)。

     -R      アナライズモードにおいて、受信インタフェースユニット番号として、
             unit を使用します。

     -T      アナライズモードにおいて、送信インタフェースユニット番号として、
             unit を使用します。

     USR1 シグナルが isdntrace プロセスに送信されると、現在使用されているログ
     ファイルが再オープンされますので、ログファイルの回転を行うことができま
     す。

     トレース出力は明確なはずです。 ISDN プロトコルトレース時に、次の標準的な
     テキストを持っていると非常に便利でしょう:

           I.430   ISDN BRI レイヤ 1 プロトコルの記述。
           Q.921   ISDN D チャネルレイヤ 2 プロトコルの記述。
           Q.931   ISDN D チャネルレイヤ 3 プロトコルの記述。
           1TR6    ドイツ固有の ISDN レイヤ 3 プロトコルの記述。 (注意: 1TR6
                   プロトコルのデコードが含まれていますが、サポートされていま
                   せん。なぜなら作者が 1TR6 ベースの ISDN 装置をもう持ってい
                   ないためです。)

     isdntrace は、プロトコル分別器 (Protocol Discriminator) を見て、使用され
     ているレイヤ 3 プロトコルを自動的に検出します (Q.931/1993 pp. 53 参照)。


関連ファイル

     /dev/i4btrc<n>
               ISDN カードユニット <n> のトレースメッセージをカーネルから取り
               出すために使用するデバイスファイル。


使用例

     コマンド:


規格

     ITU Recommendations I.430, Q.920, Q.921, Q.930, Q.931

     FTZ Richtlinie 1TR3, Band III

     ITU Recommendation Q.932 (03/93), Q.950 (03/93)

     ETSI Recommendation ETS 300 179 (10/92), ETS 300 180 (10/92)

     ETSI Recommendation ETS 300 181 (04/93), ETS 300 182 (04/93)

     ITU Recommendation X.208, X.209


作者

     isdntrace ユーティリティは Gary Jennejohn <gj@FreeBSD.org> と Hellmuth
     Michaelis <hm@FreeBSD.org> が書きました。

     本マニュアルページは Hellmuth Michaelis が書きました。

FreeBSD 4.4                    October 19, 1998                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス