isdntelctl(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

isdntelctl

前のページ 上に戻る 次のページ

isdntelctl




解説

     isdntelctl は isdn4bsd パッケージの一部であり、/dev/i4btel インタフェース
     の持つ音の形式を変換する機能を設定するために使用します。

     次のオプションが利用可能です:

     -c      電話入力キューを空にします。

     -g      現在使われている音の形式を取得します。

     -u      /dev/i4btel のユニット番号を設定します。デフォルト値は 0 で、デバ
             イス /dev/i4btel0 にアクセスします。

     -A      A-law (ISDN 回線) から u-law (ユーザランド) への変換を行います。

     -U      u-law (ISDN 回線) から A-law (ユーザランド) への変換を行います。

     -N      音声変換において、書式変換無しに設定します。

     回線からは、電話のデータストリームはビット反転書式で出力されますので、ど
     んな場合でも i4btel(4) ドライバがビット反転処理を行います。

     更に、A-law から u-law へ、u-law から A-law へ、全く変換無しの、 i4btel
     ドライバのいずれかの変換動作を isdntelctl ユーティリティを使用して指定可
     能です。


関連ファイル

     /dev/i4btel<n>


規格

     A-Law および u-Law は ITU Recommendation G.711 に示されています。


使用例

     コマンド:

           isdntelctl -g

     は、デバイス /dev/i4btel0 にて現在使われている音の形式を表示します。


関連項目

     g711conv(1), i4btel(4), isdnd.rc(5), isdnd(8)


作者

     isdntelctl ユーティリティと本マニュアルページは Hellmuth Michaelis
     <hm@kts.org> が作成しました。

FreeBSD 4.4                     April 21, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス