isdntel(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

isdntel

前のページ 上に戻る 次のページ

isdntel




解説

     isdntel は着信した電話音声メッセージに対し、「留守番マシン」としての機能
     を提供するのに使用されます。

     次のオプションがサポートされています:

     -a      電話番号のエイリアスを含むエイリアスファイルのパス名として、
             aliasfile を用います。デフォルトのパスは /etc/isdn/isdntel.alias
             です。エイリアス項目の書式は、数字列に 1 個以上のスペースかタブが
             続いたもので、行の残りがエイリアス文字列と見なされます。空白文
             字、タブ、または「#」文字で開始される行はコメントになります。

     -d      isdnd(8) が呼び出す "answ" スクリプトによって着信した音声メッセー
             ジが格納されるディレクトリとして、 spooldir を用います。デフォル
             トのディレクトリは /var/isdn です。音声メッセージファイル名の形式
             は次の通りです:

                   YYMMDDhhmmss-dest_number-source_number-length_in_secs
                   (訳注: 年月日時分秒-着信番号-発信番号-秒数)

     -p      音声メッセージをオーディオ出力装置へ再生させるために実行するコマ
             ンド文字列として、 playcommand を用います。文字 %s は現在選択され
             ているファイル名に置き換えられます。デフォルトの文字列は ``cat %s
             | alaw2ulaw >/dev/audio'' です。

     -t      キーボードからの操作が無い時に、プログラムにスプールディレクトリ
             を読み直させる秒数を timeout で指定します。

     画面出力は明確なはずです。もし不明なことがあればソースを調べて下さい。


関連項目

     i4btel(4), isdnd.rc(5), isdnd(8)


バグ

     まだ 2 つ以上残っています。


作者

     isdntel ユーティリティと本マニュアルページは Hellmuth Michaelis
     <hm@kts.org> が作成しました。

FreeBSD 4.4                      July 11, 1998                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス