isdnmonitor(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

isdnmonitor

前のページ 上に戻る 次のページ

isdnmonitor


                 [-l pathname] [-p portspec]


解説

     isdnmonitor は、isdn4bsd パッケージがサポートする ISDN デバイスのすべての
     ISDN 関連の接続や切断を管理する ISDN デーモン isdnd(8) をリモートで監視す
     るために用いられます。

     オプションは以下の通りです:

     -c      (curses の) 全画面モードでの操作に切り替わります。このモードでは
             isdnmonitorisdnd(8) の全画面モードとほぼ同じように振る舞いま
             す。全画面モードでは、制御文字 Control-L を入力すると表示が更新さ
             れ、 復帰文字 (Carriage-Return) または Enter でコマンドウィンドウ
             を表示します。 isdnmonitor は、コマンドウィンドウが開いている間は
             メッセージを受け付けないので、 5 秒間どのコマンドキーも押されなけ
             れば、このコマンドウィンドウは自動的に閉じます。

             コマンドウィンドウが開いている時は、 タブか スペースで次のメニュ
             ー項目へ進みます。コマンドを実行するには、ハイライト表示されたメ
             ニュー項目に対し ReturnEnter を入力するか、実行する項目に対応
             する数字を入力するか、メニュー項目記述の大文字を入力してくださ
             い。

     -d      isdnmonitor をデバッグ機能つきでコンパイルしているとき、このオプ
             ションはデバッグレベルを指定します。

             さらに、このオプションでは引数として文字「n」を与えて、全画面表示
             にデバッグメッセージを表示させないようにもできます。

     -f      このオプションが指定されると isdnmonitor は通常の出力とデバッグ -
             が有効な場合 - 出力を引数で指定されたファイルに書き出します。

     -l      isdnd(8)isdnmonitor の間の通信に使う UNIX ドメインのソケット
             名を指定します。

     -h      監視すべき isdnd(8) が動いているマシンのホスト名かドット表記の IP
             アドレスを指定します。

     -p      -h オプションと共に用いられ、リモートのポート番号を指定します。


環境変数

     次の環境変数が isdnmonitor の実行に影響します:

     TERM    全画面表示モードで実行するときの端末タイプです。より詳しくは
             environ(7) を参照してください。


使用例

     最初に試すときは、ローカルで動いている isdnd を監視するためには、次のコマ
     ンドで isdnmonitor を実行してください:

           isdnmonitor -h localhost

FreeBSD 4.4                   September 25, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス