isdndebug(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

isdndebug

前のページ 上に戻る 次のページ

isdndebug


               [-z] [-C] [-Q]


解説

     isdndebug は isdn4bsd パッケージの一部であり、 isdn4bsd カーネル部分のデ
     バッグ出力レベルを制御するのに使われます。 isdn4bsd カーネルの各レイヤ
     は、本ユーティリティを用いて操作できるデバッグマスクを使います。

     isdndebug の第 2 の用途はチップセット固有のエラーカウンタの表示とリセット
     と、 D チャネルレイヤ 2 (Q.921 LAPD プロトコル) の統計情報とエラーカウン
     タの表示とリセットです。

     次のオプションが利用可能です:

     -c      チップセット固有の統計情報やエラーカウンタを表示します。

     -e      選択したレイヤのデバッグマスクを、エラーのみ表示するように設定し
             ます。

     -g      選択したレイヤのデバッグマスクを取得します。

     -l      コマンドを適用するレイヤを指定します。デフォルトではすべてのレイ
             ヤに適用します。

     -m      選択したレイヤのデバッグマスクを、起こりうるデバッグメッセージす
             べてを表示するように設定します (最大の出力)。

     -q      Q.921 (D チャネルレイヤ 2) フレームの受信/送信の統計情報を表示し
             ます。

     -r      選択したレイヤのデバッグマスクをコンパイル時のデフォルトに設定し
             ます (リセット)。

     -s      選択したレイヤのデバッグマスクを value に設定します。value には
             sscanf(3) がサポートする基数のいずれでも指定できます。

     -u      フラグ -c, -q, -C, -Q の単位量を設定します。

     -z      選択したレイヤのデバッグマスクを、何も出力しないように設定します
             (ゼロ)。

     -H      チップセット固有の統計情報およびエラーカウンタを 0 にリセットしま
             す。

     -Q      Q.921 (D チャネルレイヤ 2) フレームの受信/送信の統計情報を、 0 に
             リセットします。


関連ファイル

     /dev/i4bctl


使用例

     コマンド:


ABELNET VPSサービス