iostat(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

iostat

前のページ 上に戻る 次のページ

iostat


            type,if,pass] [-w wait] [drives]


解説

     iostat は、端末やデバイス、CPU操作のカーネル I/O 統計を表示します。

     オプションは以下のとおりです:

     -c count
           I/O統計情報の表示を count 回繰り返します。間隔 wait が指定されてい
           ときは、デフォルトの1秒が使われます。

     -C    CPU 統計情報を表示します。 -d が指定されない限り、デフォルトでオン
           になっています

     -d    デバイス統計情報のみを表示します。このフラグをオンにすると、 -C-T も指定して CPU や TTY の統計情報を有効にしない限り、デバイス統計
           情報のみが表示されます。

     -h    iostat を `top' モードにします。このモードでは、 iostat は、計測サ
           イクル毎の転送バイト数が高いデバイスから低いデバイスへ並べて表示し
           ます。

     -I    指定された期間における秒あたりの平均統計情報ではなく、指定された期
           間における合計の統計情報を表示します。

     -K    転送ブロック数の表示 ( -o ) において、デバイスのネイティブブロック
           サイズではなく、キロバイトでブロック数を表示します。

     -M core
           名前リストから値を取り出す際に、デフォルトの ``/dev/kmem'' のかわり
           に指定した core を使います。

     -n    devs までの数のデバイスのみを表示します。 devs 個よりもデバイス数が
           少ない場合には、 iostat が表示するデバイス数は少なくなります。

     -N system
           名前のリストを取り出す際に、デフォルトの ``/kernel'' のかわりに
           system を使います。

     -o    古いスタイルの iostat デバイス統計を表示します。秒あたりのセクタ
           数、秒あたりの転送回数、シークあたりのミリ秒が表示されます。 -I が
           指定されると、合計のブロック数/セクタ数、合計の転送回数、シークあた
           りのミリ秒が表示されます。

     -t    どのタイプのデバイスを表示するのかを指定します。デバイスには 3 種類
           のカテゴリがあります。

           デバイスタイプ
                   da         ダイレクトアクセスデバイス
                   sa         シーケンシャルアクセスデバイス
                   printer    プリンタ
                   proc       プロセッサデバイス

           パススルー:
                   pass       パススルーデバイス

           ユーザは少なくとも 1 つのデバイスタイプを指定する必要があり、各カテ
           ゴリにおいては最大 1 つのデバイスタイプを指定可能です。 1 つのデバ
           イスタイプ文に複数のデバイスタイプを指定するには、コンマで区切りま
           す。

           コマンドライン上では、 -t 引数をいくつ指定してもかまいません。 -t
           引数はすべて OR がとられ、システム中の全デバイスが対象となる比較式
           が形成されます。いずれかの -t 引数に完全に合致するデバイスは、
           iostat の出力に含まれます。ただし、80 桁もしくはユーザが指定した最
           大デバイス数の範囲に限られます。

     -T    TTY 統計情報を表示します。 -d が指定されていない限り、デフォルトで
           オンになっています。

     -w wait
           各表示の間隔を、 wait 秒とします。繰り返し回数 count が指定されてい
           なければ、デフォルトでは無限に表示を繰り返します。

     -?    使用方法を表示して終了します。

     iostat の、表示する情報のフォーマットは以下のとおりです:

     tty
           tin     端末から読み込んだ文字数
           tout    端末から書き出した文字数

     devices
           デバイス操作。本フィールドのヘッダはデバイス名とユニット番号です。
           iostat は、80 桁の範囲もしくはシステム内の最大デバイス数の小さい方
           の数だけ、デバイスを表示します。 -n がコマンドラインに指定される
           と、 iostat は、要求された数のデバイスもしくはシステム内の最大デバ
           イス数の小さい方の数だけデバイスを表示します。特定のドライブを表示
           するには、コマンドラインでドライブの名前を指定します。 -n 引数がコ
           マンドラインに指定されて表示すべき最大デバイス数が指定されない限
           り、 iostat は 80 桁に合致するよりも多くのデバイスを表示しません。
           80 桁の画面に合致するよりも少ないデバイス数が指定された場合、
           iostat は指定された数のデバイスのみ表示します。

           標準の iostat デバイス表示は、次の統計情報を表示します:

           KB/t    転送あたりのキロバイト数
           tps     秒あたりの転送回数
           MB/s    秒あたりのメガバイト数

           標準の iostat デバイス表示は、 -I フラグが指定されると、次の統計情
           報を表示します:

           KB/t    転送あたりのキロバイト数
           msps    トランザクションあたりの平均ミリ秒数。

     cpu
           us      ユーザモードのCPU時間の % 表示
           ni      niceで優先順位づけられたプロセスを動作させるユーザモード
                   のCPU時間の % 表示
           sy      システムモードのCPU時間の % 表示
           in      インタラプトモードのCPU時間の % 表示
           id      アイドルモードのCPU時間の % 表示


関連ファイル

     /kernel    デフォルトのカーネルの名前リスト
     /dev/kmem  デフォルトのメモリファイル


使用例

           iostat -w 1 da0 da1 cd0

     最初の 2 つのダイレクトアクセスデバイスと、最初の CDROM デバイスの統計情
     報を 1 秒毎に無限に表示します。

           iostat -c 2

     システム内の最初の 4 つのデバイスの統計情報を、 1 秒の表示間隔をおいて 2
     度表示します。

           iostat -t da -t cd -w 1

     全 CDROM とダイレクトアクセスデバイスの統計情報を 1 秒毎に無限に表示しま
     す。

           iostat -t da,scsi,pass -t cd,scsi,pass

     ダイレクトアクセスデバイスおよび CDROM デバイスへのアクセスを提供する全
     SCSI パススルーデバイスに関して、統計情報を 1 度表示します。

           iostat -h -n 8 -w 1

     より多くの I/O を行う、最大 8 個のデバイスに関して、統計情報を 1 秒毎に無
     限に表示します。

           iostat -dh -t da -w 1

     TTY と CPU の表示を省略し、性能順にデバイスを表示し、ダイレクトアクセスデ
     バイスのみを 1 秒毎に無限に表示します。

           iostat -Iw 3

     合計の統計情報を 3 秒毎に無限に表示します。

           iostat -odICTw 2 -c 9

     合計の統計情報を古いスタイルの出力形式で 9 回表示します。各計測/表示の間
     ス統計情報のインタフェースは sysctl(3) からのみアクセス可能であり、これは
     実行状態ではないシステムへのアクセス手段を提供していないからです。


作者

     Kenneth Merry <ken@FreeBSD.org>

FreeBSD 4.4                    December 22, 1997                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス