install-mh(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

install-mh

前のページ 上に戻る 次のページ

install-mh



SYNOPSIS

       /usr/local/lib/mh/install-mh [-auto] [-compat]


DESCRIPTION

       ユーザーが MH プログラムのどれかを最初に実行した時、そのプ
       ログラムはユーザーに MH 環境の初期状態に関しての質問をする
       た め に、 install-mh を(`-auto' オプション付で)呼び出しま
       す。ユーザーがこのプログラムを直接呼び出す事はしません。ユ
       ーザーは、自分の MH ディレクトリの名前を聞かれます。もし、
       そのディレクトリが存在しないなら、作るべきかどうかを聞かれ
       ます。通常、このディレクトリはユーザーのホーム・ディレクト
       リの下に作られるべきで、 デ フォ ル ト は  Mail/   で す。
       install-mh   はユーザーのために、初期状態の .mh_profile を
       作った後、それを呼び出した元の MH プログラムに戻ります。

       全ての MH コマンドと同じように、 install-mh はまず、ユーザ
       ー のホーム・ディレクトリを決めるために環境変数 $HOME を調
       べます。もし、$HOME が設定されていない場合は、 /etc/passwd
       ファイルが見られます。

       mh.3   から mh.4 にバージョンアップした時には、 install-mh
       は自動的に `-compat' オプションを付けて呼び出されます。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリが書き込まれる


CONTEXT

       `-auto' オプションを付けると、カレント・フォルダは "inbox"
       に変わる。



[mh.6]                        MH.6.8                INSTALL-MH(8)

ABELNET VPSサービス