ifconfig(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ifconfig

前のページ 上に戻る 次のページ

ifconfig


              [address[/prefixlength] [dest_address]] [parameters]
     ifconfig interface destroy
     ifconfig -a [-L] [-d] [-m] [-u] [address_family]
     ifconfig -l [-d] [-m] [-u] [address_family]
     ifconfig [-L] [-d] [-u] [-C]


解説

     ifconfig は、ネットワークインタフェースに対してネットワークアドレスの割り
     当てを行ない、ネットワークインタフェースのパラメータの設定を行ないます。
     ifconfig は、システム立ち上げ時に、マシンが備える各ネットワークインタフェ
     ースに対してネットワークアドレスを割り当てるように使用しなければなりませ
     ん。また、一旦各ネットワークインタフェースに対し設定したネットワークアド
     レスを再定義したり、パラメータの設定を変えたりすることも可能です。

     以下のオプションを使用可能です:

     address
             DARPA-Internet ファミリでは、アドレスはホスト名データベース
             hosts(5) に登録されているホスト名であるか、もしくはインターネット
             標準の ``ドット表記'' です。

             CIDR 表現 (スラッシュ表現としても知られています) もまた、ネットマ
             スクの表現に使用可能です。つまり、 192.168.0.1/16 のようなアドレ
             スを指定可能です。

     address_family
             他のパラメータの解釈に影響するネットワークアドレスファミリを指定
             します。インタフェースが異なるプロトコルの送信を異なる名前付け体
             系で受けることがあるので、アドレスファミリを指定しておくことをお
             勧めします。本コマンドでサポートされるプロトコルファミリは、
             ``inet'', ``inet6'', ``atalk'', ``ether'', ``ipx'' です。

     dest_address
             ポイントツーポイントリンクにおける他端のアドレスを指定します。

     interface
             インタフェースパラメータは、 ``name unit'' の形式で表現されます。
             例えば ``ed0'' です。

     ifconfig では以下のパラメータが利用できます:

     add     alias パラメータの別名です。 BSD/OS との互換性のために導入されま
             した。

     alias   指定したインタフェースに、ネットワークアドレスを追加して指定しま
             す。これはネットワーク番号を変更した際に、以前のアドレスに送られ
             るパケットを受けとりたい場合などに便利です。アドレスが、本インタ
             フェースの最初のネットワークアドレスと同じサブネット上の場合、
             ネットマスク 0xffffffff を指定する必要があります。

     -alias  指定したネットワークアドレスを無効にします。本機能は、alias で不
             正なアドレスを指定した場合や、すでに指定したアドレスが必要ない場
             の間の対応を取るように作られています。

     -arp    アドレス解決プロトコル (arp(4)) の使用を禁止します。

     broadcast
             ネットワークに対するブロードキャストアドレスを指定します。ブロー
             ドキャストアドレスのデフォルト値は、ホスト部のビットがすべて 1 に
             なったアドレスです。

     debug   ドライバ依存のデバッグモードを有効にします。通常コンソールへのエ
             ラーログを有効にします。

     -debug  ドライバ依存のデバッグモードを無効にします。

     delete  --alias パラメータの別名です。

     down    指定したネットワークインタフェースに ``down'' とマークします。
             ``down'' とマークされたインタフェースに対しては、システムはメッセ
             ージの送信を行ないません。可能であれば、そのインタフェースは受信
             も不可能となるようにリセットされます。この動作は、そのインタフェ
             ースを用いるルーティングを使用しないよう自動的に設定するものでは
             ありません。

     ether   lladdr パラメータの別名。

     lladdr addr
             インタフェースにリンクレベルアドレスを設定します。例えばイーサ
             ネットインタフェースに新規 MAC アドレスを設定するために使用可能で
             すが、使用される機構はイーサネットインタフェースに限ったものでは
             ありません。アドレス addr は、コロン区切りの 16 進数の連続で指定
             します。本オプション指定時にインタフェースが既に up である場合、
             インタフェースを一時的に down にしてから再度 up にします。これ
             は、下位のイーサネットハードウェアの受信フィルタが正しくプログラ
             ムされたことを保証するためです。

     media type
             ドライバがメディア選択能力を持つ場合、インタフェースのメディアタ
             イプを type に設定します。インタフェースによっては、複数の異なっ
             た物理メディアコネクタのうちのいずれかを排他的に使用することをサ
             ポートします。例えば、10Mb/s Ethernet インタフェースには AUI とツ
             イストペアコネクタをサポートするものがあります。メディアタイプを
             ``10base5/AUI'' に設定すると、AUI ポートを現在のアクティブなコネ
             クタとします。また ``10baseT/UTP'' に設定すると、ツイストペアをア
             クティブにします。使用可能なタイプの完全なリストは、インタフェー
             スドライバ固有の文書やマニュアルページを参照してください。

     mediaopt opts
             ドライバがメディア選択能力を持つ場合、インタフェースのメディアオ
             プションを設定します。 opts 引数はコンマで区切ったオプションリス
             トで、インタフェースに適用されます。使用可能なオプションの完全な
             リストは、インタフェースドライバ固有のマニュアルページを参照して
             ください。

     create  指定したネットワーク擬似デバイスを作成します。ユニット番号無しで
             インタフェースが指定されると、任意のユニット番号で新規デバイスを
             作成しようとします。任意のデバイスの作成に成功すると、新規デバイ
             ス名を標準出力へ表示します。

     destroy
             指定したネットワーク擬似デバイスを破壊します。

     plumb   create パラメータの別名です。 Solaris との互換性のためにありま
             す。

     unplumb
             destroy パラメータの別名です。 Solaris との互換性のためにありま
             す。

     vlan vlan_tag
             インタフェースが vlan 擬似インタフェースの場合、vlan タグ値を
             vlan_tag に設定します。この値は 16 ビット数値であり、vlan インタ
             フェースから送られるパケットの 802.1Q vlan ヘッダの作成に使用され
             ます。 vlanvlandev は同時に設定される必要があることに注意して
             ください。

     vlandev iface
             インタフェースが vlan 擬似デバイスの場合、物理インタフェース
             iface を関連付けます。 vlan インタフェースから送信されるパケット
             は、 802.1Q vlan カプセル化付きで、指定された物理インタフェース
             iface へ向けて転換 (divert) されます。親インタフェースが受信した
             802.1Q カプセル化付きのパケットに正しい vlan タグが付いていた場
             合、そのパケットは関連付けられた vlan 擬似インタフェースへ転換さ
             れます。 vlan インタフェースは、親インタフェースのフラグと親のイ
             ーサネットアドレスが割り当てられます。 vlandevvlan は同時に設
             定される必要があります。 vlan インタフェースが既に物理インタフェ
             ースと関連付けられている場合、このコマンドは失敗します。別の物理
             インタフェースへ関連付けを変更するには、既存の関連付けをまずクリ
             アする必要があります。

             注: vlan インタフェースで link0 フラグをセットした場合、vlan 擬似
             インタフェースの振舞いが変わります: 親インタフェースが自身の vlan
             タグの挿入と取り出しをサポートすること、 vlan インタフェースが親
             に対して無修正でパケットを渡すべきことを、 link0 は vlan インタ
             フェースに対して通知します。

     -vlandev iface
             ドライバが vlan 擬似ドライバの場合、物理インタフェース iface どド
             ライバとの関連付けを解除します。これにより、vlan インタフェースと
             その親との間のリンクを破壊し、 vlan タグとフラグとリンクアドレス
             をクリアし、インタフェースをシャットダウンします。

     metric n
             インタフェースのルーティングメトリックを n で指定します。初期値は
             0 です。ルーティングメトリックは、ルーティングプロトコル
             (routed(8)) で使用されます。
             指定できます。 mask での 32ビットアドレスにおける 1 であるビット
             の部分は、ネットワーク部もしくはサブネット部として使用します。 0
             であるビットの部分はホスト部として使用します。 mask は少なくとも
             ネットワーク部を含む必要があり、サブネット部はネットワーク部に連
             続する必要があります。

             ネットマスクはまた、CIDR 表現で、アドレスの後に指定可能です。更な
             る情報については、前述の address オプションを参照してください。

     prefixlen len
             (inet6 のみ) len ビットを、ネットワークからサブネットワークへの分
             割用に予約すると、指定します。 len は整数であることが必要であり、
             文法的な理由で 0 から 128 の間であることが必要です。現在の IPv6
             の割り当て規則では、ほぼ常に 64 です。本パラメータを省略する
             と、64 が使用されます。

     range netrange
             Appletalk において netrange に返答するようにインタフェースを設定
             します。書式は startnet-endnet です。 Appletalk は netmask ではな
             くこの方法を使用しますが、 FreeBSD の内部においては netmask の集
             合として実装しています。

     remove  -alias パラメータの別名です。 BSD/OS との互換性のために導入されま
             した。

     phase   これに続く引数は、インタフェースに接続された Appletalk ネットワー
             クのバージョン (フェーズ) を指定します。 1 または 2 が許されてい
             ます。

     link[0-2]
             指定したインタフェースのリンクレベルでの特殊な処理を有効にしま
             す。 3 つのオプションの実際の効果はインタフェース依存です。しかし
             ながら、これらのオプションは、一般的には特殊なオペレーションモー
             ドを選択するのに用いられます。この例として、 SLIP 使用時のデータ
             圧縮や、Ethernet カードのコネクタ選択を行います。各ドライバごとの
             マニュアルページに詳細が記してあるので、詳しくはそちらの方を参照
             して下さい。

     -link[0-2]
             指定したインタフェースのリンクレベルでの特殊な処理を無効にしま
             す。

     up      指定したネットワークインタフェースに ``up'' とマークします。本オ
             プションは、 ``ifconfig down'' を行なった後にインタフェースを有効
             にするのに用いられます。最初にインタフェースにアドレスを設定した
             場合には、自動的に本指定はされたものとして扱います。もし、down と
             マークされていたインタフェースがリセットされた場合、ハードウェア
             は再初期化されます。

     ssid ssid
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、希望するサービスセット識
             別子 (SSID; 別名はネットワーク名) を設定します。 SSID は、32 文字

     station name
             stationname パラメータの別名。 BSD/OS との互換性のためにありま
             す。

     channel number
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、希望するチャネルを設定し
             ます。チャネルの範囲は 1 から 14 ですが、アダプタがどの地域用に製
             造されたかに、利用可能な選択肢は依存します。チャネルを 0 に設定す
             ると、アダプタのデフォルト設定になります。アドホックモード以外で
             は、多くのアダプタがこの設定を無視します。

     authmode mode
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、インフラストラクチャモー
             ドでの希望する認証モードを設定します。すべてのアダプタがすべての
             モードをサポートしているわけではありません。正当なモードは
             ``none'', ``open'', ``shared'' です。モードは、大文字小文字を区別
             しません。

     powersave
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、省電力モードを有効にしま
             す。

     -powersave
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、省電力モードを無効にしま
             す。

     powersavesleep sleep
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、希望する最大省電力スリー
             プ時間をミリ秒で指定します。

     wepmode mode
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、希望する WEP モードを設定
             します。すべてのアダプタがすべてのモードをサポートしているわけで
             はありません。正当なモードは ``off'', ``on'', ``mixed'' です。
             ``mixed'' モードは、暗号化トラフィックと非暗号化トラフィックの両
             方を許すアクセスポイントとの関係を許すことを、アダプタに明示的に
             指定します。両方を許すアダプタにおける ``on'' は、アクセスポイン
             トが暗号化接続のみを許可することが必要であることを意味します。他
             のアダプタにおける ``on'' は、一般的に ``mixed'' の別名です。モー
             ドは、大文字小文字を区別しません。

     weptxkey index
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、送信に使用する WEP 鍵を設
             定します。

     wepkey key|index:key
             IEEE 802.11 無線インタフェース用であり、選択された WEP 鍵を設定し
             ます。 index が指定されない場合、鍵 1 が設定されます。 WEP 鍵の長
             さは、5 文字または 13 文字 (40 ビットまたは 104 ビット) であり、
             ローカルネットワークとアダプタの機能に依存します。通常の文字列の
             形式か `0x' を前に付けた 16 進数の形式で、指定可能です。鍵は、
             `-' を設定することで、これを消去可能です。 WEP がサポートされてい

             NetBSD との互換性のためにあります。

     nwkey n:k1,k2,k3,k4
             以下の、別の指定方法。

             ``wepmode on weptxkey n wepkey 1:k1 wepkey 2:k2 wepkey 3:k3
             wepkey 4:k4''

             NetBSD との互換性のためにあります。

     -nwkey  wepmode off の別の指定方法。

             NetBSD との互換性のためにあります。

     ifconfig は引数としてネットワークインタフェース以外に何のオプションも与え
     られない場合、ネットワークインタフェースの現在の設定状態を表示します。プ
     ロトコルファミリが指定されている場合、 ifconfig はプロトコルファミリに特
     有の情報についてのみ表示します。

     ドライバがメディア選択をサポートする場合、サポートされているメディアのリ
     ストが出力に含まれます。

     インタフェース名の前に -m フラグが渡されると、指定したインタフェースに対
     してサポートされているすべてのメディアを ifconfig は表示します。オプショ
     ンとして、インタフェース名の代りに -L フラグを指定すると、IPv6 用のアドレ
     スの生存時間が、時刻オフセット文字列として表示されます

     -a フラグを指定できます。そうすると、 ifconfig はシステム上の全インタフェ
     ースを表示します。 -d フラグはこれを down したインタフェースに限定し、 -u
     フラグはこれは up したインタフェースに限定します。引数を指定しないと、 -a
     が暗黙的に指定されます。

     -l フラグを使用するとシステム上の使用可能な全インタフェースのリストを、そ
     の他の情報は付加せずに表示します。このフラグは他のフラグとは排他的です
     が、 -d (down したインタフェースのみをリスト) と -u (up したインタフェー
     スのみをリスト) は例外です。

     -C フラグは、システム上で利用可能なインタフェース複製者のをすべて列挙しま
     す。他の情報は表示されません。本フラグは、他のフラグおよびコマンドと共に
     は使用できません。

     スーパユーザのみがネットワークインタフェースの設定を変更できます。


     メディア選択システムは比較的新しく、いくつかのドライバのみサポートしてい
     ます (必要があるものも限られています)。


診断

     指定したインタフェースが存在しない、要求したアドレスが未知のものである、
     ユーザがネットワークインタフェースの設定を変更する権限を持っていない、と
     いったメッセージを表示します。

ABELNET VPSサービス