hlfsd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

hlfsd

前のページ 上に戻る 次のページ

hlfsd


           [-i reload-interval] [-l logfile] [-o mount-options]
           [-x log-options] [-D debug-options] [-P password-file]
           [linkname [subdir]]


解説

     hlfsd は、ユーザのホームディレクトリ内のサブディレクトリを指すシンボリッ
     クリンクを含むファイルシステムを実装したデーモンです。そのリンクはアクセ
     スしたユーザに応じて変化します。これは主に、到着したメールをユーザのホー
     ムディレクトリにリダイレクトし、どこからでも読めるようにするために設計さ
     れました。

     hlfsdlinkname を含むディレクトリ (デフォルトは /hlfs/home ) に対する
     NFS サーバとして自分自身をマウントして動作します。このディレクトリに対す
     る検索 (lookup) は hlfsd が処理し、その検索をどのように解決するかを決定す
     るためにパスワードマップを使います。ディレクトリは、存在しなかった場合に
     は作成されます。シンボリックリンクは、それをアクセスしたユーザのホーム
     ディレクトリに subdir をつけたものになります。 subdir が指定されなかった
     場合の、 subdir のデフォルトは .hlfsdir です。このディレクトリも、存在し
     なかった場合には作成されます。

     SIGHUP を送ると、内部キャッシュのフラッシュを行い、パスワードマップの再読
     み込みを行います。また、ログファイルをクローズし、オープンしなおして、以
     前のログファイルを消去したり交換します。 SIGUSR1 を送ると、ユーザ ID とホ
     ームディレクトリの内部テーブルを /usr/tmp/hlfsd.dump.XXXXXX にダンプしま
     す。


オプション

     -a alt_dir
             代わりのディレクトリです。ユーザのホームディレクトリにアクセスで
             きない場合に、 hlfsd が返すシンボリックリンクが指すディレクトリの
             名前です。デフォルトは /var/hlfs です。このディレクトリは存在しな
             ければ作成されます。ユーザがこのファイルを読む、またはシステム管
             理者がこの ``lost mail'' をその所有者に送り直すスクリプトを走らせ
             るということが期待されます。

     -c cache-interval
             キャッシュする間隔です。 hlfsd はこの間隔 (秒単位) でホームディレ
             クトリの有効性をキャッシュします。 cache-interval 秒以内に確認さ
             れたことのあるエントリは再確認されません。それは、その操作のコス
             トが高く、そのエントリがまだ有効であることが十分に期待できるから
             です。その間隔がたつと、 hlfsd はユーザのホームディレクトリの有効
             性をふたたび確認し、キャッシュのタイムカウンタをリセットします。
             デフォルトの cache-interval は 300 秒 (5 分) です。

     -f      高速に起動させます。 hlfsd マウントディレクトリ、代わりのスプール
             ディレクトリ、マウントディレクトリ下に隠れているシンボリックリン
             クが存在すること、そのパーミッション、そしてその有効性といった起
             動時の一貫性チェックを、このオプションが与えられたときにはスキッ
             プします。

     -g group
             特殊グループ HLFS_GIDgroup に設定します。 comsat (ほかのユー

     -l logfile
             hlfsd がイベントを記録するログファイルを指定します。 logfile が文
             字列 syslog であれば、 syslog(3) によって、システムログデーモンに
             LOG_DAEMON ファシリティでログメッセージが送られます。これはデフォ
             ルトです。

     -n      確認しません。 hlfsd は返すシンボリックリンクの有効性、またユーザ
             のホームディレクトリにスプールするために十分なディスクスペースが
             あることを確認しません。これによって、 hlfsd は、現在アクセスでき
             ないか、容量がいっぱいであるホームディレクトリへのシンボリックリ
             ンクを返すかもしれないという犠牲を払って、スピードアップします。
             デフォルトで、 hlfsd はバックグラウンドでシンボリックリンクを確認
             します。キャッシュは必要ないので、 -n オプションは -c オプション
             の意味を無効にします。

     -o mount-options
             マウントオプションです。 hlfsddirname のトップで、自分自身を
             マウントするために使われるマウントオプションです。デフォルトで、
             mount-options は "ro" に設定されています。システムがシンボリック
             リンクのキャッシュをサポートしているのなら、デフォルトオプション
             は "ro,nocache" に設定されます。

     -p      プロセス ID を表示します。ファイルに保存できるように、標準出力に
             hlfsd のプロセス ID を出力します。

     -v      バージョンです。標準エラー出力にバージョン情報を出力します。

     -x log-options
             実行時にログをとるためのオプションを指定します。このオプション
             は、 fatal, error, user, warn, info, map, stats, all から選ばれた
             コンマ区切りのリストです。

     -C      NFS attribute-cache を無効にできないシステムで hlfsd を実行させま
             す。メールが失われたり、誤配送されることになりかねないので、その
             ようなシステムで、このオプションを用いることは推奨されていませ
             ん。 attribute-cache を無効にできるシステムではこのオプションは無
             視されます。

     -D debug-options
             いろいろなデバッグオプションを選びます。オプションの接頭辞として
             "no" という文字列がついていると、そのオプションの効果を反転させま
             す。オプションは追加されます。もっとも便利なオプションは all で
             す。このオプションはデバッグのためだけに使われるので、そのほかの
             オプションはここには記しません。より詳細な解説はプログラムのソー
             スにあります。 SIGUSR1 を送ると hlfsd は、内部パスワードマップを
             /usr/tmp/hlfsd.dump.XXXXXX にダンプします。

     -P password-file
             password-file からユーザ名、ユーザ ID、ホームディレクトリの情報を
             読みます。通常 hlfsd は、 getpwent(3) でパスワードのデータベース
             を読みます。このオプションによりデフォルトのデータベースを無効に

     /var/hlfs
           ユーザのホームディレクトリがアクセスできるかどうか確認できないとき
           の、 hlfsd が返したシンボリックリンク home のリンク先です。


関連項目

     mail(1), getgrent(3), getpwent(3), mtab(5), passwd(5), amd(8), cron(8),
     mount(8), sendmail(8), umount(8)

     "HLFSD: Delivering Email to Your $HOME", Proc. LISA-VII, The 7th Usenix
     System Administration Conference, November 1993.


作者

     Erez Zadok <ezk@cs.columbia.edu>, Department of Computer Science,
     Columbia University, New York, USA.

     Alexander Dupuy <dupuy@smarts.com>, System Management ARTS, White Plains,
     New York, USA.


歴史

     hlfsd ユーティリティは FreeBSD 3.0 で登場しました。

FreeBSD 4.4                   September 14, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス