growfs(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

growfs

前のページ 上に戻る 次のページ

growfs




解説

     growfsnewfs(8) プログラムを拡張したものです。 growfs を実行する前に、
     ディスクは disklabel(8) を用いて大きなサイズに設定されていなければなりま
     せん。もしボリュームを使っている場合は、 vinum(8) を用いてディスクを大き
     くする必要があります。 growfs は指定されたスペシャルファイル上のファイル
     システムのサイズを拡張します。現在 growfs は、マウントされていないファイ
     ルシステムの拡張しかできません。マウントされたファイルシステムを拡張しよ
     うとしないでください。システムがパニックするかもしれませんし、そうすると
     ファイルシステムはもはや使えなくなるでしょう。 newfs(8) で使用したほとん
     どのオプションは変更できません。実際、ファイルシステムのサイズを大きくす
     ることしかできません。その他の変更を行う場合は tunefs(8) を使用してくださ
     い。

     以下のオプションが使用できます:

     -N      ``テストモード'' 実際にファイルシステムを大きくすることなく、新し
             いファイルシステムのパラメータを表示します。

     -y      ``エキスパートモード'' 通常 growfs は、データのバックアップを取っ
             たかを尋ねたり、 special が現在マウントされているかどうかや、指定
             されたファイルシステムにアクティブなスナップショットがあるかどう
             かのテストを行います。しかし、このモードではこれらが抑制されま
             す。このオプションは最大の注意を払って使って下さい。

     -s size
             拡張後のファイルシステムの、セクタ単位の size を指定します。この
             値のデフォルトは special 内で指定されている raw パーティションの
             サイズです (言い換えれば growfs はファイルシステムのサイズを、パ
             ーティション全体まで拡張します)。


使用例

           growfs -s 4194304 /dev/vinum/testvol

     は、 /dev/vinum/testvol に十分な領域がある場合、2GB に /dev/vinum/testvol
     を拡張します。


バグ

     growfs は FreeBSD 3.x から動き始めました。 FreeBSD 3.x のみにおいて
     growfs は、ファイルシステムがマウントされているかどうかを正しく認識できず
     にエラーメッセージを出して終了することがあります。その場合は、ファイルシ
     ステムがマウントされていないことを確認して、 growfs -y をしてください。 (
     安全のため、) 拡張した後、 fsck(8) をすることもお勧めします。

     ある一定の制限以上に拡張するには、最初のシリンダグループにいくらかの空き
     ブロックがあることが必要です。最初のシリンダグループに空きが無い場合、新
     規に使用可能なシリンダグループに重要なデータ構造が移動されます。 FreeBSD
     3.x では後で fsck(8) が問題となります。よって、 FreeBSD 3.x で growfs を
     使用するには fsck(8) のパッチが必要となります。 FreeBSD 4.4 からはこの
     パッチは既に FreeBSD に組み込まれています。この構造の再配置を避けるには、
     最初のシリンダグループに対して ffsinfo -c 0 を行って、CYLINDER GROUP の
     CYLINDER SUMMARY (内部 cs) 内の nbfree に十分なブロックがあるかどうかを確
     Christoph Herrmann <chm@FreeBSD.org>
     Thomas-Henning von Kamptz <tomsoft@FreeBSD.org>
     The GROWFS team <growfs@Tomsoft.COM>


歴史

     growfs コマンドは FreeBSD 4.4 で初めて登場しました。

FreeBSD 4.4                    September 8, 2000                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス