gifconfig(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

gifconfig

前のページ 上に戻る 次のページ

gifconfig


     gifconfig interface delete
     gifconfig -a


解説

     gifconfig は "gif0" のような一般的な IP トンネルインタフェースに物理アド
     レスを設定します。引数 physsrcphysdest はカプセル化された IPv4/v6
     ヘッダに対する始点/終点アドレスとして解釈されます。引数 afphyssrcphysdest のアドレスファミリを指定します。 af は inet または inet6 であ
     り、省略時には inet であるとみなされます。

     特別な引数 delete を指定すると、 gifconfig は、 interface 上の既存の始点
     アドレスと終点アドレスを単に削除します。外部のアドレスを指定しない場合、
     この用途は効果がありません。

     gifconfig は以下の引数をオプションとして取ることができます:

     -a      全ての gif(4) インタフェースに関連する情報を表示します。

     同じアドレスファミリ (たとえば IPv4-over-IPv4) でトンネルの設定を行うと、
     簡単に無限ルーティングループを作ることができてしまうことに注意してくださ
     い。


使用例

     10.1.1.1 と 10.2.3.4 の間で IPv6 over IPv4 (別名 IPv6 in IPv4) トンネルを
     設定する場合には、以下のコマンドを実行します:

     # gifconfig gif0 inet 10.1.1.1 10.2.3.4

     上述の例で inet を inet6 に置き換えることで外部のプロトコルとして IPv6 を
     使用することも可能です。


戻り値

     コマンドはエラー時には終了ステータス 1 を、成功時には 0 を返します。


関連項目

     gif(4), ifconfig(8)


歴史

     gifconfig コマンドは WIDE Hydrangea IPv6 プロトコルスタックキットではじめ
     て登場しました。

     KAME Project (http://www.kame.net/) スタックを基とする IPv6 および IPsec
     のサポートは、 FreeBSD 4.0 で始めて組み込まれました。

FreeBSD 4.4                      May 17, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス