getty(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

getty

前のページ 上に戻る 次のページ

getty




解説

     getty プログラムは、 init(8) から呼ばれ、tty 回線をオープンしたあと初期化
     し、ログイン名を読んで login(1) を起動します。

     tty は、端末にどの /dev の特殊デバイスファイルを使うかを指定します (
     例:``ttyh0'')。引数がないか `-' ならば、tty 回線はファイルディスクリプタ
     0 としてオープンされます。

     type は、 getty が端末回線を特別に扱うようにするために使われます。この
     type は、 gettytab(5) のデータベースのインデックスとして使われ、回線の特
     徴を決定します。引数が与えられないか、データベースにマッチするテーブルが
     なければ、 default テーブルが使われます。もし、 /etc/gettytab ファイルが
     なければ、システムのデフォルトが使われます。テーブルにより指示されれば、
     getty は端末画面をクリアし、バナーヘッダを表示し、ログインプロンプトを表
     示します。通常、このプロンプトのなかにシステムのホスト名が含まれます。

     getty のデフォルトの行動は、大抵の場合、適当な gettytab テーブルを作成す
     ることによって、回避したり修正したりすることができます。

     getty はタイムアウト時間を設定することができます。これによって、ログイン
     名がすぐに入力されないような場合に、ダイヤル回線を切断することができま
     す。


診断

     ttyxx: No such device or address.
     ttyxx: No such file or address.

     ttys ファイルのなかで有効にされていた端末がオープンできませんでした。必要
     な回線がシステムに設定されていなかったか、関係するデバイスがブート時のシ
     ステム設定の際に組み込まれなかったか、もしくは /dev に特殊ファイルがあり
     ませんでした。


関連ファイル

     /etc/gettytab
     /etc/ttys


関連項目

     login(1), ioctl(2), tty(4), gettytab(5), ttys(5), init(8)


歴史

     getty は Version 6 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 25, 1991                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス