fsinfo(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fsinfo

前のページ 上に戻る 次のページ

fsinfo


            [-e exports_prefix] [-f fstabs_prefix] [-h hostname]
            [-m automounts_prefix] [-I dir] [-D name[=string]] [-U name]
            config ...


解説

     fsinfo は、システム設定ファイルを読み込んで、 amd, mount, mountd の管理情
     報 (設定ファイル) を生成します。

     次のオプションを使用可能です:

     -a autodir  自動マウンタのマウントポイントのディレクトリ名を指定します。
                 デフォルトは /a です。

     -b bootparams_prefix
                 bootparams ファイルのプレフィックスを指定します。指定しない
                 と、このファイルは生成されません。このファイルは、対象マシン
                 用に構成され、 bootparams_prefix 文字列が前に付く bootparams
                 という名前のファイルに置かれます。生成されたファイルは、対象
                 マシンから起動可能なディスクレスクライアントを記述したエント
                 リのリストです。

     -d dumpsets_prefix
                 dumpsets ファイルのプレフィックスを指定します。指定しないと、
                 ファイルは生成されません。このファイルは対象マシン用であり、
                 dumpsets_prefix 文字列が前に付く dumpsets という名前のファイ
                 ルに置かれます。このファイルは Imperial College のローカル
                 バックアップシステムに使用されます。

     -e exports_prefix
                 exports ファイルのプレフィックスを定義します。指定しないと、
                 このファイルは生成されません。設定ファイルでディスクを持つも
                 のとして定義される各マシンに対して、 exports ファイルが構築さ
                 れ、マシン名の前に exports_prefix 文字列を付けた名前が与えら
                 れます。マシンがディスクレスとして定義される場合、このマシン
                 に対してはファイルは生成されません。これらのファイルは、その
                 マシン上のディレクトリで、クライアントに対してエクスポートす
                 るものに関するエントリを含みます。

     -f fstabs_prefix
                 fstab ファイルのプレフィックスを定義します。このプレフィック
                 スが定義された場合のみ、このファイルが生成されます。設定ファ
                 イル中で定義される各マシンに対し、 fstab ファイルを生成し、マ
                 シン名の前に fstabs_prefix 文字列を付けた名前を与えます。これ
                 らのファイルは、ブート時にマウントするファイルシステムとパー
                 ティションに関するエントリを含みます。

     -h hostname
                 処理対象マシンのホスト名を定義します。指定しないと、
                 gethostname(3) が返すローカルマシン名になります。

     -m automounts_prefix
                 自動マウンタファイルのプレフィックスを定義します。このオプ
                 設定ファイルを読み込むときのプリプロセッサ用に、シンボル name
                 を定義します。 #define ディレクティブと等価です。

     -I dir      このオプションは、設定ファイルのためにプリプロセッサに渡され
                 ます。インクルードファイルを探すディレクトリを指定します。

     -U name     シンボル name の初期定義を除去します。 -D オプションの逆で
                 す。

     config      1 個以上の設定ファイルを fsinfo の入力として渡します。

     fsinfo コマンドの詳細は、Amd --- The 4.4BSD Automounter と info(1)amd
     セクションに記述されています。


関連項目

     amd(8), mount(8), mountd(8)


歴史

     fsinfo は 4.4BSD で追加されました。

FreeBSD 4.4                      June 26, 1999                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス