fsdb(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fsdb

前のページ 上に戻る 次のページ

fsdb




解説

     fsdbfsname (通常は raw ディスクパーティション) を open し、そのファイ
     ルシステムの inode データを操作するためのコマンドを受け付けます。コマンド
     は fsdb (inum X)> のプロンプトに対して入力します。ここでの X は現在選択さ
     れている i-number となります。最初に選択されている inode はファイルシステ
     ムのルート (i-number 2) となります。コマンドプロセッサには editline(3) ラ
     イブラリを使用しており、コマンド行を編集することによってタイピングの量を
     減らすことができます。コマンドループから抜けて終了する時には、ファイルシ
     ステムのスーパブロックが dirty とマークされ、バッファリングされているブ
     ロックがあればファイルシステムに書き込まれます。

     以下のオプションを使用可能です:

     -d      デバッグ情報 (元は fsck(8) のコードに由来するもの) を出力します。

     -f      歴史的な理由により残されているもので、特に意味は持ちません。

     -r      ファイルシステムを読み取り専用でオープンし、書き込みを行うコマン
             ドを抑止します。


コマンド

     組み込みの editline(3) のコマンドの他に fsdb は以下のコマンドをサポートし
     ています:

     help    入力できるコマンドのリストを表示します。

     inode i-number
             新しい現在の inode として inode i-number を選択します。

     back    以前の inode に戻ります。

     clri i-number
             i-number をクリアします。

     lookup name
     cd name
             name を現在のディレクトリの中で探し、その inode を現在の inode に
             設定します。 name はマルチコンポーネントの名前か、スラッシュで始
             めて検索をルートの inode から始めることを指定できます。パス名の中
             のコンポーネントが見つからない場合、最後に有効であったディレクト
             リがアクティブな inode として使われます。

             このコマンドは開始する inode がディレクトリの場合のみ有効です。

     active
     print   アクティブな inode を表示します。

     uplink  アクティブな inode のリンク数をインクリメントします。

     downlink
             アクティブな inode のリンク数をデクリメントします。
             作成します。このコマンドは現在の inode がディレクトリである場合の
             み有効です。

     chinum dirslot inum
             ディレクトリエントリ dirslot 中の i-number を inum に変更します。

     chname dirslot name
             ディレクトリエントリ dirslot 中の名前を name に変更します。このコ
             マンドではディレクトリエントリを拡張することはできません。名前が
             現在存在するディレクトリスロットに収まる場合にのみ、エントリの名
             前の変更が可能です。

     chtype type
             現在の inode のタイプを type に変更します。 type には file, dir,
             socket, fifo のいずれかが指定できます。

     chmod mode
             現在の inode のモードビットを mode に変更します。このサブコマンド
             ではファイルのタイプを変更することはできません。その場合は chtype
             を使ってください。

     chflags flags
             現在の inode のファイルフラグを flags に変更します。

     chown uid
             現在の inode の所有者を uid に変更します。

     chgrp gid
             現在の inode のグループを gid に変更します。

     chgen gen
             現在の inode の世代番号 (generation number) を gen に変更します。

     mtime time
     ctime time
     atime time
             それぞれ、現在の inode の修正時間、変更時間、アクセス時間を time
             に変更します。 timeYYYYMMDDHHMMSS[.nsec] の形式でなければなり
             ません。ここで、 nsec はオプションで指定できるナノ秒の値となりま
             す。もし、ナノ秒が指定されていないと、 mtimensec, ctimensec,
             atimensec のそれぞれのフィールドにはゼロがセットされます。

     quit, q, exit, <EOF>
             プログラムを終了します。


関連項目

     editline(3), fs(5), clri(8), fsck(8)


バグ

     ``short'' のシンボリックリンクの操作は動作しません。(特に、シンボリックリ
     ンクのタイプは変更しないでください。)

     ないほど FFS ファイルシステムを壊す恐れがあります。

FreeBSD 4.4                   September 14, 1995                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス