fore_dnld(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fore_dnld

前のページ 上に戻る 次のページ

fore_dnld


     fore_dnld [-intf] [-d path] [-f objfile]


解説

     fore_dnld は、FORE Systems 社のマイクロコードをホスト ATM アダプタにダウ
     ンロードします。


オプション

     -i intf
             どの ATM インタフェースにマイクロコードをダウンロードするかを指定
             します。デフォルトでは、FORE Systems 社のホストアダプタすべてにマ
             イクロコードをロードします。

     -d path
             objfile の名前の前に付けるパスを指定します。デフォルトでは、カレ
             ントディレクトリを使います。

     -f objfile
             マイクロコードのバイナリファイルを指定します。デフォルトでは、
             SBA-200 アダプタには sba200.obj を、 SBA-200E アダプタには
             sba200e.obj を、 PCA-200E アダプタには pca200e.bin を使用します。


     PCA200E アダプタに対しては、コマンドラインでファイルを指定ない場合、組み
     込みのバージョン 3.0.1 マイクロコードが使用されます。

     FORE Systems 社によって配布されるマイクロコードは、直接 SBA ホスト ATM ア
     ダプタにダウンロードできるようになっていません。提供されたマイクロコード
     を objcopy(1) コマンドで処理して、ダウンロードに適したイメージを生成する
     必要があります。 objcopy(1) の引数は、 ``-S -l -Fcoff'' です。

     PCA ホスト ATM アダプタ用に FORE Systems 社から配布されるマイクロコードに
     ついては、とくに処理する必要はありません。


関連ファイル

     ~fore/etc/objcopy
             FORE Systems 社が配布するマイクロコードを処理するコマンド

     ~fore/etc/sba200*.ucode*
             SBA アダプタ用に FORE Systems 社が提供するマイクロコード

     ~fore/i386/pca200e.bin
             PCA アダプタ用に FORE Systems 社が提供するマイクロコード

     ~harp/doc/Install
             HARP のインストール指示書


バグ

     知られているものはありません。


COPYRIGHT

     Copyright (c) 1994-1998, Network Computing Services, Inc.


ABELNET VPSサービス