fixmount(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fixmount

前のページ 上に戻る 次のページ

fixmount




解説

     fixmount は、 showmount(8) の一種で、リモートの mountd(8) デーモンの中の
     腐ったマウントエントリを削除することができます。オプションで指定するアク
     ションは、 host それぞれに対して順次適用されます。


オプション

     -a -d -e
             このオプションは、ローカルホストに属すエントリのみが表示されると
             いう点を除けば、 showmount(8) のそれのように動作します。

     -r      host 上のリモートマウントエントリで現在のマウントと一致しないも
             の、すなわちクラッシュにより残されてしまったエントリや、不適切な
             マウントプロトコルの結果生じたエントリなどを削除します。実際にマ
             ウントされているかどうかは、 /etc/mtab にあるエントリを用いて確認
             します。

     -v      リモートのマウントを確認します。腐ったエントリひとつひとつについ
             て通知メッセージが表示される点を除けば、 -r と同様です。リモート
             マウントテーブルは変更されません。

     -A      リモートの mountd に対して、 すべてのファイルシステムがアンマウン
             トされてしまっていることを宣言するコマンドを発行します。このコマ
             ンドは十分注意して用いるべきです。というのは、ローカルで今なおマ
             ウントしているファイルシステムの有無にかかわらず、ローカルシステ
             ムに属すリモートマウントエントリのすべてを削除してしまうからで
             す。

     -v      静かにします。タイムアウトや、 ``Program not Registered'' すなわ
             ち、リモートホストが RPC をサポートしていないことや、 mountd を実
             行していないことによるエラーメッセージを抑止します。

     -h name
             ローカルホスト名が name であるかのように振舞います。これは、ロー
             カルホスト名が変更されたあとで、古い名前を使っている rmtab エント
             リがリモートマシン上に残っている場合に有用です。残念なが
             ら、mountd のほとんどは、このようなエントリの削除をうまく扱うこと
             ができません。ですから、このオプションは、 -v だけと組み合わせて
             使うと有用です。

             このオプションは、リモートで記録されたホスト名とローカルのホスト
             名をアドレスで比較する際の時間を節約することにもなります。


関連ファイル

     /etc/mtab
           現在のマウントのリスト。

     /etc/rmtab
           NFS サーバ上にある、リモートマウントエントリのバックアップファイ
           ル。


関連項目

     ント上の server:/export/share/sunos.4.1.1 は、実際は /usr/share です。ロ
     ーカルのマウントポイントが同様に /usr/share であるから、このマウントを正
     しく扱うことができるのです。

     ローカルホスト名 (または名前の逆引きが返すもの) が変更された後で、リモー
     トの mountd の中の無効(stale)エントリをクリアする方法はありません。このよ
     うな場合の面倒を見るためには、リモートの /etc/rmtab を編集し、 mountd を
     再スタートさせる必要があります。

     mountd 呼び出しの RPC タイムアウトの変更は、再コンパイルするしかありませ
     ん。クライアントハンドル生成のデフォルトは 2 秒で、RPC 呼び出しのデフォル
     トは 5 秒です。


作者

     Jan-Simon Pendry <jsp@doc.ic.ac.uk>, Department of Computing, Imperial
     College, London, UK.

     Erez Zadok <ezk@cs.columbia.edu>, Department of Computer Science,
     Columbia University, New York, USA.

     他の作者と am-utils に貢献した人のリストは、 am-utils とともに配布される
     ファイル AUTHORS の中にあります。


歴史

     fixmount ユーティリティは FreeBSD 3.0 で登場しました。

FreeBSD 4.4                    February 26, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス