fingerd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fingerd

前のページ 上に戻る 次のページ

fingerd




解説

     fingerd は、ネットワークの各サイト上の name と finger プログラムとのイン
     タフェースを提供する、 RFC1196 で規定されるプロトコルを実現するデーモンプ
     ログラムです。このプログラムはシステムあるいは特定の人について人間的で親
     しみやすい状況報告をするものです。特別なフォーマットは規定されておらず、
     プロトコルは 1 行ずつコマンドラインのような形式でやりとりされます。

     fingerd は、 TCP の 79 番ポートを見張っている inetd(8) から開始されます。
     接続されると、 <CRLF> で区切られたコマンドライン 1 行を受け取ります。これ
     は finger(1) に送られ、処理されます。 fingerd は、出力が終わるとすぐに接
     続を切ります。

     もし、そのコマンドラインがヌルの (つまり <CRLF> だけが送られた) 場合、
     finger は ``デフォルト'' の出力を行ないます。デフォルトは、その時にシステ
     ムにログインしている全ての人のリストです。

     もし、ユーザ名が指定されると (たとえば eric<CRLF> ) 出力は、その人に関す
     る詳細な情報だけとなります。これには、ログインしている/いないの情報も含ま
     れます。コマンドラインの ``names'' は、 ``ログイン名'' と ``ユーザ名'' の
     どちらでもかまいません。名前が曖昧な場合は、マッチするものすべてについて
     表示されます。

     fingerd に渡す引数として、 /etc/inetd.conf の中で指定できるオプションは以
     下のとおりです:

     -s      secureモードを有効にします。ユーザ名なしの問い合わせと、他のリモ
             ートホストへの問い合わせの転送は拒否されます。

     -l      ログをとります。問い合わせをしたホストの名前を syslog(3) を通して
             LOG_NOTICE の優先度で報告します。

     -p      ローカルの情報提供元としてデフォルト以外のプログラムを使います。
             fingerd によって起動されるデフォルトのローカルプログラムは、
             finger(1) です。カスタマイズされたローカルサーバを指定することに
             より、システム管理者はリモートサイトに提供する情報をさらにコトロ
             ールできます。


関連項目

     finger(1), inetd(8)


バグ

     サーバに TIP や、同じくらい見識の狭い TELNET-protocol ユーザプログラムで
     直接コネクトすると、サーバに意味の無いネゴシエーションオプションを送るこ
     とになり不正なコマンドライン解釈を行う可能性があります。 fingerd は、 IAC
     のものをフィルタリングして除くべきであり、おそらく受け取った全てのオプ
     ションコマンドを否定するよう (IAC 拒否) をするべきです。


歴史

     fingerd コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス