ffsinfo(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ffsinfo

前のページ 上に戻る 次のページ

ffsinfo


             special | file


解説

     ffsinfodumpfs(8) プログラムを拡張したものです。

     出力は outfile ファイルに生成されます。この時、比較的大きな出力ファイルと
     なります。指定したファイルシステムの 2% ほどになることも珍しくありませ
     ん。

     以下のオプションが指定できます:

     -L      このオプションを指定すると disklabel のテストを省略します。ダンプ
             するよう指定されたファイル名が通常のファイルだった場合、自動的に
             省略されます。

     -g cylinder_group
             指定されたシリンダグループの情報のみダンプするよう制限します。こ
             こで 0 は、最初のシリンダグループを意味し、 -1 は最後のシリンダグ
             ループを意味します。

     -i inode
             特定の inode の情報のみをダンプするよう制限します。指定可能な最小
             の inode は 2 です。このオプションが省略されて、シリンダグループ
             が定義されていた場合、そのシリンダグループ内の inode のみがダンプ
             されます。

     -l level
             ダンプされる詳細レベルを指定します。この値のデフォルト値は 255
             で、以下の表の値の ``ビット論理和'' で表されます:

             0x001   イニシャルスーパブロック
             0x002   各シリンダグループ内のスーパブロックのコピー
             0x004   イニシャルシリンダグループ内のシリンダグループのサマリ情
                     報
             0x008   シリンダグループ情報
             0x010   inode 割り当てビットマップ
             0x020   フラグメント割り当てビットマップ
             0x040   クラスタのマップおよびサマリ情報
             0x080   ローテーショナルレイアウトテーブル
             0x100   inode 情報
             0x200   インダイレクトブロックダンプ

     -o outfile
             ダンプの出力先ファイルを変更します。現在のデフォルトは
             /var/tmp/ffsinfo です。


使用例

           ffsinfo -l 1023 /dev/vinum/testvol

     は、 /dev/vinum/testvol のすべての有効な情報をダンプします。


バグ


作者

     Christoph Herrmann <chm@FreeBSD.org>
     Thomas-Henning von Kamptz <tomsoft@FreeBSD.org>
     The GROWFS team <growfs@Tomsoft.COM>


歴史

     ffsinfo コマンドは FreeBSD 4.4 で初めて登場しました。

FreeBSD 4.4                    September 8, 2000                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス