fasthalt(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fasthalt

前のページ 上に戻る 次のページ

fasthalt


     reboot [-dlnqp]
     fasthalt [-lnqp]
     fastboot [-dlnqp]


解説

     haltreboot は、ファイルシステムのキャッシュをディスクへ書き出し、すべ
     ての実行中のプロセスに SIGTERM を (そして、それに続いて SIGKILL を) 送り
     ます。そして、システムを停止 ( halt ) したり、再起動 ( reboot ) したりし
     ます。その動作は wtmp(5) ファイルに記入されます。それはログインのアカウン
     ティングファイルへのシャットダウン記録の書き出しを含んでいます。

     オプションとしては以下のものがあります。

     -d      システムへクラッシュダンプ作成を要求します。本オプションはリブー
             ト時のみにサポートされています。その前に dumpon(8) によりダンプデ
             バイスが指定されているのでない限り、無効です。

     -l      停止または再起動は、システムログに記録され ません。本オプション
             は、 reboothalt を呼んで自身で記録をとる、 shutdown(8) のよう
             なアプリケーション用です。

     -n      システムのキャッシュがディスクへ書き出されません。このオプション
             は使用すべきではありません。

     -q      システムは、とにかく速く停止されたり、再起動されたりします。そし
             てシステムのキャッシュの破棄だけが行われます ( -n が指定されな
             かった場合)。このオプションは使用すべきではありません。

     -p      システムは可能であれば電源を切ります。これは、もちろん reboot で
             も、 halt と同じように振る舞うということです。

     fasthaltfastboot は、それぞれ haltreboot の単なる別名にすぎませ
     ん。

     通常、システムの停止や再起動を要する場合には、ユーザに事前警告を与えて特
     定のプログラムを綺麗に停止する shutdown(8) を使用します。 shutdown(8)
     は、ログインしているユーザにシステム停止の警告を与えます。


関連項目

     wtmp(5), boot(8), dumpon(8), savecore(8), shutdown(8), sync(8)


歴史

     reboot コマンドは Version 6 AT&T UNIX で追加されました。

FreeBSD 4.4                      June 9, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス