edquota(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

edquota

前のページ 上に戻る 次のページ

edquota


     edquota -g [-p proto-groupname] groupname ...
     edquota -t [-u]
     edquota -t -g


解説

     edquota は割り当て制限を変更するエディタです。デフォルトで(または -u オプ
     ションが指定された場合)は、コマンドラインから 1 人以上のユーザを指定でき
     ます。それぞれのユーザの現在の割り当て制限を、 ASCII テキストで記述した一
     時ファイルが作成されます。ユーザ割り当て制限が設定されているファイルシス
     テムは /etc/fstab の記述から検索します。次に、作成された ASCII ファァイル
     を編集できるようにエディタが起動されます。環境変数 EDITOR で指定されてい
     なければ、 vi(1) が起動されます。

     このエディタ上で、割り当て制限を変更したり、追加したりできます。割り当て
     制限値を 0 に設定することは、割り当て制限を行わないことを示します。ハード
     リミット値を 1 に設定することは、ファイルを作成できないようにすることを意
     味します。ソフトリミット値を 1 に設定し、ハードリミットを 0 に設定するこ
     とは、一時的な用途にのみ割り当てを許可することを意味します ( -t の項を参
     照)。現在使用量は参考のためにのみ出力され、変更しても意味はありません。

     エディタを終了すると、 edquota は一時ファイルを読み込み、変更を反映するよ
     う割り当て制限用バイナリファイルを書き換えます。

     -p オプションが指定された場合、 edquota は、指定されたユーザに proto-
     username に対する設定をコピーします。これは、複数のユーザに割り当て制限を
     設定する一般的な方法です。制限を設定するユーザとして数字で uid の範囲 (例
     えば、1000-2000) が指定されたとき、 edquota は、指定された範囲の uid のユ
     ーザについて設定をコピーします。これにより、まとめてユーザにデフォルトの
     制限を設定することが出来ます。制限を設定する uid は、 /etc/passwd に書か
     れていない値でも構いません。

     -g オプションが指定された場合、 edquota はコマンドラインで指定された 1 つ
     以上のグループに対する割り当て制限を変更します。 -p オプションを -g オプ
     ションといっしょに使用することにより、 -p オプションで指定したグループの
     設定を他のグループにコピーすることができます。

     ユーザはある一定の猶予期間だけ、ソフトリミットを超えてファイルシステムを
     利用することができます。猶予期間を過ぎるとソフトリミットはハードリミット
     と同じ意味を持つようになり、それ以上のファイルの割り当てができなくなりま
     す。デフォルトの猶予期間は /usr/include/ufs/ufs/quota.h で定義されていま
     す。 -t オプションにより猶予期間を変更することができます。デフォルトで、
     あるいは -u オプションを指定して起動した場合は、 /etc/fstab に指定してあ
     るすべてのユーザ割り当て制限に対して猶予期間が設定されます。 -g オプショ
     ンを指定して起動した場合は、 /etc/fstab に指定してあるすべてのグループ割
     り当て制限に対して猶予期間が設定されます。猶予期間は、日、時、分、秒を指
     定して設定することができます。猶予期間を 0 に設定することは、デフォルトの
     猶予期間を指定したものとみなされます。また、猶予期間を 1 秒に設定すること
     は、猶予期間なしとみなされます。

     スーパユーザのみが割り当て制限を変更することができます。


関連ファイル



ABELNET VPSサービス