dumpon(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dumpon

前のページ 上に戻る 次のページ

dumpon


     dumpon [-v] off


解説

     dumpon は、パニック時にカーネルがクラッシュダンプをセーブするデバイスを指
     定するのに用いられます。

     通常、 dumpon はシステムのマルチユーザ初期化ファイル /etc/rc の中で呼び出
     され、ブート時の設定ファイル /etc/rc.conf の変数 ``dumpdev'' によって制御
     されます。

     指定したダンプデバイスは、物理メモリよりも少なくとも 64 キロバイトは大き
     い必要があります。

     -v フラグは dumpon にその処理に関する詳細情報を出力させます。


     ファイルシステムの状態のカーネル内部表現が信用できない状態で、 panic(9)
     条件が発生し得ます。このため、システムスワップデバイスであって、ファイル
     システムを含ま ないデバイスの 1 つを、ダンプデバイスとして使用すべきで
     す。

     dumpon プログラムの動作は、 sysctl(3) の MIB 変数 ``kern.dumpdev'' に指定
     された special_file のデバイス番号を設定するか、あるいは special_file が
     文字列 ``off'' の場合は NODEV (ダンプはとらないことを意味します) を設定す
     る、というものです。


関連項目

     sysctl(3), fstab(5), rc.conf(5), config(8), init(8), rc(8), savecore(8),
     swapon(8), panic(9)


関連ファイル

     /dev/{ad,da}?s?b  標準のスワップ領域
     /etc/rc.conf      ブート時のシステム設定


バグ

     クラッシュダンプをとるときには既にファイルシステムレイヤは動作していない
     ので、クラッシュダンプを直接ファイルに落すことはできません。

     dumpon の呼び出しはシングルユーザモードになった後でのみ可能であるため、カ
     ーネル初期化中のシステムパニックのダンプは生成できません。


歴史

     dumpon コマンドは FreeBSD 2.1 で登場しました。

FreeBSD 4.4                      May 12, 1995                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス