dp(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dp

前のページ 上に戻る 次のページ

dp



SYNOPSIS

       /usr/local/lib/mh/dp  [-form formatfile]  [-format string]
            [-width columns] dates ...  [-help]


DESCRIPTION

       p は、ARPA Internet 標準に従った日付解析を行なうプログラム
       です。 TOPS-20 サイトと ctime (3) を使ういくつかの UNIX サ
       イトによって付けられている様な、多くの非標準フォーマットも
       理 解します。これは、MH がどのように日付を解釈しているかを
       理解するのに、役立ちます。

       dp は、引数を一つの日付として扱い、 RFC-822 フォーマットで
       この日付を表示します。それゆえシェルでは、ダブル・クォート
       でそれぞれの引数を囲むことが、通常最も望ましいです。

       dp で使われる出力形式を置き 換 え る た め に は、  `-for-
       mat string' か `-format file' オプションを使います。この方
       法で日付の個々のヘッダー行を簡単に取り出す事が出来 ま す。
       string はフォーマット文字列で、file はフォーマット・ファイ
       ルです。詳しくは mh-format (5) を参照して下さい。

       dp で使われるデフォルトのフォーマット文字列は次の 通 り で
       す。

            %<(nodate{text})error: %{text}%|%(putstr(pretty{text}))%>

       これは、もしエラーが発見された時、そのエラーと、`:' とエラ
       ーの起きた日付を返します。そうでなければ、日付 の  RFC-822
       準拠形式を出力します。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       無し。


SEE ALSO

       ap(8)
       Standard  for  the  Format  of ARPA Internet Text Messages
       (RFC-822)


DEFAULTS

       `-format'            デフォルトは上述の通り
       `-width'             デフォルトは端末の幅


CONTEXT

       無し。


BUGS

       `-format' に対する引数は、dp を呼び出すシェルにとって一 語
       として解釈される形でなければなりません。従って、通常、この
       オプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければな

ABELNET VPSサービス