dmesg(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dmesg

前のページ 上に戻る 次のページ

dmesg




解説

     dmesg はシステムメッセージバッファの内容を表示します。

     オプション -N-M も指定されない場合、 sysctl(3) インタフェースを使用し
     て、現在実行中のカーネルから、バッファが読み取られます。そうでない場合、
     指定したコアファイル (またはデフォルトのもの) から、指定したカーネルイメ
     ージ (またはデフォルトのイメージ) 中の名前リストを使用して、バッファが読
     み取られます。

     オプションとしては、以下のものがあります:

     -a      メッセージバッファ中の全データを表示します。これには、すべての
             syslog レコードと、 /dev/console 出力が含まれます。

     -M      表示されるシステムメッセージバッファが含まれるファイルを指定しま
             す。デフォルトは /dev/kmem です。

     -N      ネームリストが含まれるファイルを指定します。デフォルトはシステム
             がブートに使用したカーネルです。


関連ファイル

     /var/run/dmesg.boot  通常は、起動時にファイルシステムがマウントされたすぐ
                          後の、バッファ内容のスナップショット


関連項目

     sysctl(3), syslogd(8)


歴史

     dmesg コマンドは 4.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス