dm(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dm

前のページ 上に戻る 次のページ

dm




解説

     dm はゲームプレイを統制するプログラムです。ユーザは、プレイしたいゲームの
     名前で dm を起動することになります。それには、 /usr/games 中の統制対象と
     なるゲームの名前すべてで dm へのシンボリックリンクをつくります。これらの
     ゲームのバイナリ本体は、 ``隠された'' ディレクトリ /usr/games/hide に置か
     なくてはなりません。このディレクトリは dm プログラムのみアクセス可能と
     なっているでしょう。 dm は要求されたゲームを使用可能か判定し、もし使用可
     能ならば実行します。ファイル /etc/dm.conf がどのゲームを実行可能かどうか
     を制御します。

     ファイル /etc/nogames を使用すると、ゲームプレイを ``禁止'' します。この
     ファイルが存在すると、ゲームプレイを許しません; ゲームをしようとしたユー
     ザに対して、このファイルの内容を表示します。


関連ファイル

     /etc/dm.conf        設定ファイル
     /etc/nogames        ゲームプレイを禁止
     /usr/games/hide     ``実際の'' バイナリを保持するディレクトリ
     /var/log/games.log  ゲームをログするファイル


関連項目

     dm.conf(5)


バグ

     dm が ``games'' に setuid されたゲームを走らせることで、問題が 2 つ出てき
     ます。第 1 に、 UNIX コマンドの実行をユーザに許すゲームは、コマンド実行前
     に実/実効ユーザ ID 両方を適切に設定しなければならないことです。おそらくよ
     り重要なことは、 dm を ``games'' 以外に setuid してはならないことです。こ
     れを守っておけば、ゲームを不正に利用されたとしても、せいぜいユーザが自由
     にゲームをできるようになるだけです。第 2 は、それまで setuid させて走らせ
     ずに済んでいたゲームで、ユーザファイルにアクセスするものは、修正しなけれ
     ばならないかもしれないことです。


歴史

     dm コマンドは 4.3BSD-Tahoe から登場しました。

FreeBSD 4.4                      May 31, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス