dhclient(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dhclient

前のページ 上に戻る 次のページ

dhclient



書式

       dhclient  [ -Ddq1 ] [ -cf config-file ] [ -lf lease-file ]
       [ -p port ] [ -pf pidfile ] [ if0 [ ...ifN ] ]


解説

       Internet Software Consortium の DHCP クライアント で あ る
       dhclient   は 動的ホスト設定プロトコル (DHCP: Dynamic Host
       Configuration Protocol) または BOOTP プロトコルを用い て、
       あるいはこれらのプロトコルが失敗した場合にはアドレスを静的
       に割り当てて、 1 つ以上のネットワークインタフェースを設 定
       する方法を提供します。


操作

       DHCP  プロトコルでは、1 つ以上のサブネットに割り当てること
       のできる IP アドレスのリストを管理する中央サーバに、ホスト
       がアクセスできます。 DHCP クライアントはこのリストからアド
       レスを要求して、それをネットワーク通信の一時的な土台に用い
       ることができます。また DHCP プロトコルは、デフォルトルータ
       の場所やネームサーバの場所など、クライアントが接続している
       ネットワークに関する重要な情報をクライアントに詳細に知らせ
       る機構も提供します。

       起動時に dhclient は dhclient.conf から設定指示を読み取 り
       ます。それから現在のシステムに組み込まれているすべてのネッ
       トワークインタフェースのリストを取得します。各インタフェー
       ス に 対し dhclient は DHCP プロトコルを用いて設定を試みま
       す。

       システムリブートやサーバ再起動の際にリースを失わない よ う
       に、  dhclient   は 割 り 当 て ら れ た リ ースのリストを
       dhclient.leases(5)   ファ イ ル に 保 存 し ま す。 起  動
       時、dhclient.conf   ファ イ ルを読み取った後、 dhclient は
       dhclient.leases ファイルを読み込んで、割り当てられたリース
       に関するメモリを更新します。

       新しいリースを取得すると、dhclient.leases ファイルの末尾に
       付け加えられます。ファイルが極端に大きくなるのを防ぐ た め
       に、 dhclient は時おりコア内部のリースデータベースから新規
       dhclient.leases ファイルを 作 成 し ま す。 古 い ほ う の
       dhclient.leases ファイルは、 dhclient が次にデータベースを
       作り替えるまで、 dhcpd.leases~ という名前で保存されます。

       dhclient が最初に起動されたとき (一般的にはシステムブー ト
       初期過程の間) に DHCP サーバが利用できなければ、古いリース
       は残されます。その場合、dhclient.leases ファイルからまだ期
       限の切れていない古いリースを検査し、有効であると判断されれ
       ば、それらの期限が切れるかまたは DHCP サーバが利用できるよ
       うになるまで、そのリースを使います。

       時には DHCP サーバが存在しないネットワークにアクセスする必
       要があるような移動ホストは、そのネットワーク上の固定アドレ
       ス のリースをあらかじめ読み込んでおくことができます。 DHCP
       フェース名が指定されなければ、 dhclient はすべてのネットワ
       ークインタフェースを識別し、可能なら非ブロードキャストイン
       タフェースは除いて、それぞれのインタフェースを設定しようと
       します。

       -D フラグを指定すると、 dhclientdhclient-script と組み
       合わせて使用するために作成したスクリプトを、 /tmp に保存さ
       せます。

       通常、dhclient はインタフェースを設定するまではフォアグ ラ
       ウンドで動作し、その後バックグラウンドの動作に移行します。
       dhclient を常にフォアグラウンドプロセスとして実行させる に
       は、 -d フラグを指定してください。これは dhclient をデバッ
       ガ内で実行するときや、 System V システムで inittab 外で 実
       行するときに便利です。

       標 準 (ポート 68) 以外のポートで dhclient に送受信させるに
       は、 -p フラグが使えます。このフラグに続けて、dhclient  が
       使 う udp ポート番号を指定します。これは主にデバッグ目的に
       有用です。 -p フラグを指定すると、指定した番号より 1 つ 小
       さなポート番号を使用して、クライアントはサーバへの応答を送
       信します - つまり、 -p 68 と指定した場合には、クライアント
       はポート 68 で listen してポート 67 で送信します。リレーエ
       ージェントを介す必要があるデータグラムは、 -p フラグで指定
       さ れるポート番号に送られます - 代替ポート番号を使用したい
       場合、使用しているリレーエージェントを設定して、同じ代替ポ
       ート番号を使用させる必要があります。

       -cf  を使用すると、デフォルトの /sbin/dhclient-script から
       シェルスクリプトを変更可能です。

       -lf フラグを使用することにより、リース出力ファイル を、 デ
       フォ ルトの /var/db/dhclient.leases から変えることができま
       す。

       -pf フラグを使用することにより、PID ファイルを、デフォルト
       の /var/run/dhclient.pid から変えることができます。

       -q  フラグを使用することにより、 dhclient の画面出力量を減
       らすことができます。

       -1 フラグを指定すると、 dhclient はひとつのリースに対し  1
       度 だけしか取得を試みません。もし取得に失敗すれば dhclient
       は終了コード 2 で終了します。



設定

       dhclient.conf(5) ファイルの書式は別に解説されています。


関連ファイル

       /etc/dhclient.conf,               /var/db/dhclient.leases,
       /var/db/dhclient.leases~.  /var/run/dhclient.pid,
       用に際し大幅に修正、改良を行いました。

       現在のバージョンは、Elliot による Linux での改良に負うとこ
       ろが大きいですが、 Internet Software Consortium の DHCP サ
       ーバが使うものと同じネットワーキングフレームワークを用いる
       ように、Ted Lemon が大幅な再編成や部分的な書き換えを行いま
       した。システム特有の設定コードの大部分はシェルスクリプトに
       移されたので、より多くのオペレーティングシステムのサポート
       が加えられるにつれ、システム特有の設定コードをそのオペレー
       ティングシステムに移植したり管理したりする必要はなくなるで
       しょう。代わりに、シェルスクリプトが環境に合ったツールを呼
       び出してその目的を果たしてくれます。




                                                      dhclient(8)

ABELNET VPSサービス