cron(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cron

前のページ 上に戻る 次のページ

cron




解説

     cron は、通常は /etc/rc もしくは /etc/rc.local から起動されます。このコマ
     ンドは実行するとすぐに返ってくるので、起動時に `&' をつける必要はありませ
     ん。

     cron は、 /var/cron/tabs ディレクトリの下から /etc/passwd 内のアカウント
     名と同じ名前の crontab ファイルを探し、見つかったファイルをメモリに読み込
     みます。 cron は、別のフォーマットの /etc/crontab ( crontab(5) を参照して
     ください) も調べます。このあと、 cron は 1 分おきに目覚めて読み込んでいる
     すべての crontab ファイルを調べ、各コマンドをその時刻に実行させるべきかど
     うかを調べます。コマンドを実行する場合には、出力がメールで crontab ファイ
     ルの所有者 (もしくは crontab ファイル内の環境変数 MAILTO で指定されたユー
     ザ) に送られます。

     さらに、 cron は 1 分おきにスプールディレクトリの最終更新時刻 (
     /etc/crontab の最終更新時刻も ) が変わっているかどうかを調べます。もし変
     化があれば、すべての crontab ファイルの最終更新時刻を調べ、変更のあったも
     のを読み直します。このため、crontab ファイルを変更したときに cron をリス
     タートさせる必要はありません。 crontab(1) コマンドが crontab ファイルを変
     更したときにスプールディレクトリの最終更新時刻も更新されることに注意して
     下さい。

     使用可能なオプションは次の通りです:

     -s      ローカルタイムゾーンの GMT との差が変わる場合を、特別に扱います。
             例えば、標準時と夏時間との間での移行がこれに該当します。

             GMT との差が変わる期間でも、ジョブは直観通り実行されます。すなわ
             ち、無くなる期間 (例えば標準時から夏時間への移行) か繰り返される
             期間 (例えばその逆の移行) にジョブが該当する場合、次の 2 つの方法
             のいずれかで扱われます:

             第 1 の場合は、無くなるまたは繰り返される期間と重なる期間内にあ
             る、毎時実行のジョブについてのものです。言い換えれば、GMT との差
             の変更直前の 1 時間以内にそのジョブが実行されていた場合 (かつ
             cron が再起動されず、 crontab(5) がその後変更されない場合) か、変
             更後の 1 時間に実行されていたであろう場合です。これらは、いつも通
             りに動作します。すなわち、無くなる時間を飛ばしますし、増えた時間
             にも実行されます。

             第 2 の場合は、より低い頻度で実行されるジョブについてのものです。
             それらは、正確に 1 度だけ実行されます。飛ばされたり 2 度実行され
             たりしません (ただし、cron が再起動されたり、ユーザの crontab(5)
             が期間中に変更される場合は例外です)。 GMT との差の変更のため、あ
             る期間が無くなってしまう場合、古いタイムゾーンにおいて実行された
             であろう時刻と絶対的に同じ時刻において、そのようなジョブは実行さ
             れます。例えば、ちょうど 1 時間が無くなる場合、ジョブが実行される
             時点は、次の 1 時間の中で、 crontab(5) で指定される最初の分になり
             ます。

     -o      ローカルタイムゾーンの GMT との差が変わる場合を、特別に扱いませ

ABELNET VPSサービス