crash(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

crash

前のページ 上に戻る 次のページ

crash


     の解析方法についても (かなり簡潔ですが) 述べます。

     システムが自らクラッシュする際には、

           panic: なぜ死んだのか

     という形式でコンソールにメッセージを表示し、もしダンプが有効になっていれ
     ば ( dumpon(8) 参照) 大容量記憶装置にダンプをとり、そして reboot(8) に述
     べられているように自動リブート手順を開始します。ハードウェアあるいはソフ
     トウェアの障害によってファイルシステムの状態に予期せぬ矛盾点が見つかった
     場合を除き、システムはマルチユーザモードでのオペレーションを再開します。

     システムは数多くの内部一貫性チェックを行っています。それらのチェックのう
     ちひとつに引っかかると、どのチェックに引っかかったかを示す簡潔なメッセー
     ジを表示してパニックします。多くの場合、このメッセージはエラーを検知した
     ルーチン名、あるいは見つかった一貫性エラーを記述する 2 語のフレーズです。
     ほとんどのパニックメッセージを完全に理解するには、システムのソースコード
     を熟読する必要があります。

     システム障害に共通するほとんどの原因はハードウェア障害であり、それは様々
     なところに現れます。ここでは発生する可能性の高いメッセージと、原因に関す
     る手掛かりを示します。ハードウェアあるいはソフトウェアが予期せぬかたちで
     そのようなメッセージを出力する可能性については、全く述べていません。

     cannot mount root
             このパニックメッセージは、ブートストラップ処理中にルートファイル
             システムをマウントできなかった場合に表示されます。ルートファイル
             システムが壊れているか、システムが誤ったデバイスをルートファイル
             システムとして使おうとしています。通常、システムバイナリの別のコ
             ピーか別のルートファイルシステムを用いてシステムを立ち上げ、調査
             します。よく行われるのは、システムをインストールしたブートフロッ
             ピでブートし、次に "fixit" フロッピを使用することです。

     init: not found
             これはパニックメッセージではなく、リブートしても無駄でしょう。ブ
             ートストラップ処理の最後の段階で、システムが初期化プロセス
             init(8) の場所を探してそれを実行するのに失敗したのです。ルート
             ファイルシステムが不正あるいは壊れている、 /sbin/init が実行不能
             モードあるいはタイプになっている、もしくは /sbin/init 自体がなく
             なっています。

     ffs_realloccg: bad optim
     ffs_valloc: dup alloc
     ffs_alloccgblk: cyl groups corrupted
     ffs_alloccg: map corrupted
     blkfree: freeing free block
     blkfree: freeing free frag
     ifree: freeing free inode
             これらのパニックメッセージはファイルシステム内に矛盾点が見つかっ
             たときに出力されるものです。通常、この問題の原因は、クラッシュ後
             の破損したファイルシステムの修復失敗、ハードウェア障害、あるいは
             通常発生しない他の条件にあります。ファイルシステムのチェックを行

     クラッシュダンプを取るようにシステムが設定されている場合 ( dumpon(8) 参
     照)、システムがクラッシュするとダンプデバイス (通常は 1 つめのスワップ領
     域と同じ) の終わりにメモリイメージを書き込みます (少なくとも書き込もうと
     します)。システムがリブートした後、プログラム savecore(8) が起動し、後の
     解析のために、このコアイメージと現在のシステムのコピーを特定ディレクトリ
     に保存します。詳細は savecore(8) を参照して下さい。

     ダンプを解析するには、システムのロードイメージとコアダンプに対して gdb(1)-k オプション付きで起動します。コアイメージがパニックによって生成され
     たものならば、そのパニックメッセージが表示されます。より詳しい情報は、
     FreeBSD ハンドブック (http://www.FreeBSD.org) のカーネルデバッギングの章
     を参照して下さい。


関連項目

     gdb(1), dumpon(8), reboot(8), savecore(8)


歴史

     crash マニュアルページは FreeBSD 2.2 で登場しました。

FreeBSD 4.4                    February 2, 1996                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス