config(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

config

前のページ 上に戻る 次のページ

config




解説

     これは古いバージョンの config プログラムです。このプログラムは、古いオー
     トコンフィギュレーションスキームを理解します。このスキームは HP300, i386,
     DECstation やその派生プラットフォームにて使用されます。新しいバージョンの
     config は SPARC プラットフォームで使用されます。あなたが使用しているアー
     キテクチャに適合したバージョンの config のみがあなたのマシンにインストー
     ルされているでしょう。

     config は、システムの構成を記述した設定ファイル SYSTEM_NAME にもとづいて
     システムを構築するために必要なファイルを作成します。別のファイルが、
     config に対し、システム生成に必要なファイルと、構成依存ファイルセットによ
     り追加されるファイルとを指示します。構成依存ファイルセットは、固有マシン
     用代替ファイルを指定します (以降に示す 関連ファイルを参照)。

     オプションとオペランドしては以下のものがあります:

     -d destdir   デフォルトの出力ディレクトリの代わりに、 destdir に出力しま
                  す。config は与えられたディレクトリに SYSTEM_NAME を追加しな
                  いことに注意してください。

     -g           システムのデバッグのための設定をします。

     -p           プロファイリングを行うシステムを構築します。プロファイルを行
                  うものは例えば kgmon(8)gprof(1) などです。 -p オプション
                  を 2 度以上指定すると、 config より詳細なプロファイリングを
                  行うシステムを構築します。

     -r           以前のコンパイル用ディレクトリを削除します (以降参照)。

     SYSTEM_NAME  SYSTEM_NAME はシステム設定ファイルの名前であり、システム設定
                  ファイルにはデバイスの仕様、構築するシステムのオプション、そ
                  の他のシステムパラメータの記述をします。

     config はシステムソースの conf サブディレクトリで起動します (通常
     /sys/ARCH/conf ), ただし ARCH には FreeBSD がサポートしているアーキテク
     チャの一つが入ります。 config は必要により ../../compile/SYSTEM_NAME か、
     または -d オプションで指定されたディレクトリを作成し、そこにすべての出力
     ファイルを置きます。出力ディレクトリが既に存在し、 -r オプションが指定さ
     れている場合、ディレクトリがまず削除されます。 config の出力は多くのファ
     イルです; i386 の場合は次のようなファイルになります: ioconf.c はシステム
     に接続された I/O デバイスの記述です; Makefilemake(1) がシステム構築に
     使用するファイルです; ヘッダファイルはシステムに組み込まれる多くのデバイ
     スに関する定義です。

     config の実行後は、 ``make depend'' を Makefile が作成されたディレクトリ
     で実行する必要があります。 config は正常終了すると、これを促すメッセージ
     表示を行います。

     config が、これとは異なるエラーメッセージ表示を行った場合には、設定ファイ
     ルの記述の誤りを修正し、再度 config を実行する必要があります。コンフィ
     ギュレーションでエラーとなったシステムをコンパイルしようとしても、おそら
     4.4BSD-Lite 以前からあったデバッガは通常のカーネルからはあまり情報を見つ
     けられませんでした; gdb(1) は通常のカーネルからはほとんど情報を得ることは
     できず、意義のある解析を行なうには、デバッグカーネルが必要です。

     歴史と時間、スペースの問題で、 FreeBSD はデフォルトではデバッグカーネルを
     構築しません。デバッグカーネルは構築に 30% 近く長く掛かり、デバッグ用でな
     いカーネルでは約 6 MB で済むところを、構築用ディレクトリに約 30 MB のディ
     スク容量を必要とします。デバッグカーネルはデバッグ用でないカーネルが約
     2MB であるのに対して、約 11 MB のサイズになります。このスペースはルート
     ファイルシステムと動作時のメモリの両方に効いてきます。デバッグカーネルを
     作るには -g オプションを使います。このオプションを用いると、 config はカ
     ーネル構築ディレクトリに 2 つのファイルを構築します:

     o   kernel.debug が完全なデバッグカーネルです。

     o   kernel はカーネルのデバッグシンボルを削除したコピーです。このカーネル
         は通常のデバッグ用でないカーネルと同じ物です。

     現在はデバッグカーネルをインストールしてブートする意義はあまりありませ
     ん。なぜならシンボルを利用できるツールはオンラインでは動かないためです。
     それゆえ、デバッグカーネルをインストールするには 2 つのオプションがありま
     す。

     o   make install kernel をルートファイルシステムにインストールします。

     o   make install.debug kernel.debug をルートファイルシステムにインストー
         ルします。


関連ファイル

     /sys/conf/files               システム生成に必要な共通のファイルのリスト
     /sys/i386/conf/Makefile.i386  i386 用の一般的な makefile
     /sys/i386/conf/files.i386     i386 特有のファイルのリスト
     /sys/i386/conf/files.ERNIE    ERNIE システム特有のファイルのリスト
     /sys/compile/SYSTEM_NAME      SYSTEM_NAME システム用のデフォルトカーネル
                                   構築ディレクトリ


関連項目

     セクション 4 にある、デバイスのマニュアルの 書式の部分。

     Building 4.3 BSD UNIX System with Config.


バグ

     エラーメッセージにおいて報告される行番号は1行ずれます。


歴史

     config コマンドは 4.1BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 19, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス