comsat(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

comsat

前のページ 上に戻る 次のページ

comsat




解説

     comsat は受信メールのレポートを受け取り、サービスを要求しているユーザに対
     して通知を行なうサーバプロセスです。 comsat は、 ``biff'' サービス仕様 (
     services(5) および inetd(8) を参照) に関連するデータグラムポートのメッセ
     ージを受信します。 1 行メッセージは次の形式です:

           user@mailbox-offset[:mailbox-name]

     もし、この user がシステムにログインしていて、割り当てられた端末の所有者
     実行ビットが ( ``biff y'' によって) ON になっていれば、 offset はメール
     ボックスのシークオフセットとして使用され、メッセージの先頭 7 行か、もしく
     は 560 文字がユーザの端末に表示されます。 ``From'', ``To'', ``Date'',
     ``Subject'' 以外のメッセージヘッダの一部とみなされる行は、表示されるメッ
     セージに含まれません。

     mailbox-name を省略した場合, システム標準のメールボックスを監視します。


関連ファイル

     /var/run/utmp   誰がどの端末でログオンしたかを識別します。
     /var/mail/user  システム標準のメールボックスです。


関連項目

     biff(1), inetd(8)


バグ

     メッセージヘッダのフィルタリングは誤りがちです。表示される情報は、最低限
     のものです。

     現在ログインしているマシン以外のマシンへのメールの到着は、ユーザに通知さ
     れるべきです。

     スクリーン表示を分かりやすくするために、通知は別のウィンドウに表示される
     べきです。


歴史

     comsat コマンドは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス