comcontrol(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

comcontrol

前のページ 上に戻る 次のページ

comcontrol




解説

     comcontrol は、指定した tty デバイスの特別な設定内容を表示/変更するのに用
     いられます。デバイス名以外の引数 (または標準入力を表す "-") が指定されな
     い場合、制御可能な全ての項目が表示されます。 comcontrol をこのように利用
     する際には、当該デバイスの読み取り許可だけが必要になります。設定を変更で
     きるのはスーパユーザだけです。

     以下のオプションが利用可能です:

     dtrwait number
            DTR が落ちたあと待機する時間を設定します。単位は 100 分の 1 秒で
            す。デフォルトは 300 すなわち 3 秒です。このオプションは主として、
            モデムをリセットした後に適切な復帰時間を置くのに用いられます。

     drainwait number
            出力が出てくるまでの待機時間を設定します。単位は秒です。デフォルト
            は 5 分です。 0 は無限に待ち続けます。このオプションは主に、待ち時
            間上限値を指定してモデムのハングを回避するのに用いられます。

     comcontrol の標準的な使い方は、スタートアップスクリプト /etc/rc.serial の
     中に comcontrol の起動を含めておくことです。


関連項目

     stty(1), sio(4)


関連ファイル

     /dev/ttyd?  ダイヤルインデバイス。結線した端末(hardwired terminals)。
     /dev/cuaa?  ダイヤルアウトデバイス。


作者

     Christopher G. Demetriou


歴史

     オリジナルは 386BSD 0.1 に対する cgd の com パッケージパッチのバージョン
     0.2.1 です。かつては双方向制御機能を持っていましたが、現在ではこれらは標
     準機能となり、制御できるものはほとんどありません。

FreeBSD 4.4                      May 15, 1994                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス