clri(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

clri

前のページ 上に戻る 次のページ

clri




解説

     B>通B>常B>は fsck(8) B>でB>フB>ァB>イB>ルB>シB>スB>テB>ムB>のB>修B>復B>をB>行B>なB>うB>のB>でB>、 clri B>はB>古B>いB>も
     B>の(obsolete) B>とB>なB>っB>てB>いB>まB>すB>。

     clri は、指定した特殊ファイル special_device 上にあるファイルシステムの、
     指定された i ノード番号の i ノードを 0 でクリアします。クリアされた inode
     や、以前その inode によって使用されていたブロックを再使用できるようにする
     ために、普通は clri を実行したあとで fsck(8) をそのファイルシステムに対し
     て実行します。

     このコマンドは主に、なんらかの原因によって fsck(8) が適切に処理することの
     できなくなったファイルを削除するためにあります。一度削除されれば、そのあ
     とのファイルシステム上のつじつま合わせは fsck(8) が行ってくれることが期待
     できます。


関連項目

     fsck(8), fsdb(8)


バグ

     オープンされているファイルに対して clri を実行しても、そのファイルをクロ
     ーズする際にキャッシュからディスクに i ノードが書き戻されるために、その効
     果が失われてしまいます。

FreeBSD 4.4                     April 19, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス