chown(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chown

前のページ 上に戻る 次のページ

chown


     chown [-fhv] [-R [-H | -L | -P]] :group file ...


解説

     chown は指定したファイルのユーザ ID や グループ ID を設定します。

     オプションは以下のものがあります:

     -H      -R オプションが指定されている場合に、コマンドライン上のシンボリッ
             クリンクをたどるようになります。 ( ツリー内をたどっている際中に見
             つけたシンボリックリンクの先は調べません。)

     -L      -R オプションが指定された場合に、全てのシンボリックリンクをたどる
             ようになります。

     -P      -R オプションが指定された場合に、シンボリックリンクの先をたどらな
             いようになります。これがデフォルトです。

     -R      指定したファイル自身だけでなくその代わりに、そのファイルをルート
             とする階層のファイルのユーザ ID やグループ ID を変更します。

     -f      所有者やグループの変更が失敗しても報告を行ないません。変更の失敗
             は戻り値にも影響しません。

     -h      ファイルがシンボリックリンクの場合、リンクが指すファイルではなく
             リンク自身のユーザ ID および/またはグループ ID を変更します。

     -v      chown を冗長にし、所有者が修正されるファイルを表示させます。

     -H, -L, -P のオプションは -R が指定されない限り無視されます。加えて、これ
     らのオプションはお互いの効果を上書きするため、コマンドの動作は一番最後に
     指定されたもので決まります。

     ownergroup のオペランドはどちらも無くてもよいもの (optional) ですが、
     少なくともどちらかを指定しなければなりません。 group オペランドを指定した
     場合は先頭にコロン (``:'') をつけて下さい。

     owner は ユーザ ID の数値かユーザ名のどちらかです。ユーザ名がユーザ ID の
     数値でもある場合、このオペランドはユーザ名とみなされます。 group はグルー
     プ ID の数値かグループ名のどちらかです。グループ名がグループ ID の数値で
     もある場合、このオペランドはグループ名とみなされます。

     セキュリティの関係上明らかなことですが、ファイルの所有者の変更はスーパユ
     ーザにしか行なうことができません。


診断

     ユーティリティ chown は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


互換性

     chown の以前のバージョンは、グループ名を指定するのにドット (``.'') を用い
     ていました。この文字はコロン (``:'') に変更されたため、ユーザ名やグループ
     名にドットを含んでも構いません。
     chown コマンドは Version 1 AT&T UNIX から導入されました。

FreeBSD 4.4                     March 31, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス