chkprintcap(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chkprintcap

前のページ 上に戻る 次のページ

chkprintcap


     chkprintcap [-d] [-f printcap]


解説

     chkprintcapprintcap(5) データベース (引数 printcap で指定されるファイ
     ルか、デフォルトでは /etc/printcap) を調べて、いろいろと不正なエントリを
     探します。現在、以下のチェックが実装されています :

           1.   `tc=' 参照が正しく展開されたか

           2.   `tc=' 参照がループを形成しなかったか

           3.   2 つのプリンタが同じスプールディレクトリを共有していないか
                (`sd=' ケーパビリティ)

     chkprintcap は処理を終えるまでに遭遇したエラーの数と同じ終了ステータスで
     終了します。 (場合によっては、ファイル全体が調査されるより前に処理が中止
     されることもあります。)

     -d フラグを与えると、 chkprintcap は存在しないスプールディレクトリを、モ
     ード `u=rwx,go=rx' (0755), グループ `daemon', データベースの `du=' ケーパ
     ビリティで指定される所有者 (デフォルトは 1 で、これはユーザ `daemon' にあ
     たります) で作成しようとします。


関連項目

     lpr(1), printcap(5), lpd(8)


作者

     chkprintcap コマンドは Garrett A. Wollman <wollman@lcs.mit.edu> が作成し
     ました。


バグ

     正当性チェックが十分とはいえません。最低限、スプールディレクトリの所有者
     とモードもチェックするべきです。 lpd(8) を失敗させ得るような値を持つ他の
     パラメータも診断するべきです。

FreeBSD 4.4                    November 30, 1997                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス