chkgrp(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

chkgrp

前のページ 上に戻る 次のページ

chkgrp




解説

     chkgrp ユーティリティは与えられたファイルか、ファイルが与えられなければシ
     ステムワイドなグループファイルを調べてエラーを探します。特に、空行でもコ
     メント行でもない各エントリについて、コロンで区切られる 4 つのフィールドか
     ら成ること、それらのフィールドはいずれも空白文字を含まないこと、3 番目の
     フィールド (グループ ID) は数字であることをチェックします。


関連ファイル

     /etc/group  グループデータベースファイル


関連項目

     getgrent(3), group(5)


診断

     エラーが見つかる度に、 chkgrp は調べているファイルの名前とエラーのあった
     行番号を含むエラーメッセージを出力します。エラーがなければ、何も出力しま
     せん。

     chkgrp ユーティリティはグループファイルにエラーが見つかれば EX_DATAERR
     を、見つからなければ EX_OK を返します。


歴史

     chkgrp コマンドは FreeBSD 3.0 で登場しました。


作者

     chkgrp と本マニュアルページは Dag-Erling Coidan Smorgav <des@FreeBSD.org>
     が作成しました。


バグ

     フィールド内に可能な / 不可能な文字をもっと徹底的にチェックし、グループ
     ID の範囲もチェックするべきです。

FreeBSD 4.4                       May 5, 1998                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス