ccdconfig(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ccdconfig

前のページ 上に戻る 次のページ

ccdconfig


     ccdconfig -C [-v] [-f config_file]
     ccdconfig -u [-v] ccd [file ...]
     ccdconfig -U [-v] [-f config_file]
     ccdconfig -g [-M core] [-N system] [ccd [...]]


解説

     ccdconfig は結合ディスクデバイス (concatenated disk device, ccd) の動的な
     設定および解除を行う場合に使用します。ccd の詳細については、 ccd(4) を参
     照して下さい。

     以下のオプションが使用できます。

     -c      ccd の設定を行います。 ccdconfig のデフォルトの動作です。

     -C      設定ファイルに書かれている全てのデバイスの設定を行います。

     -f config_file
             全てのデバイスの設定あるいは解除を行う時に、デフォルトの
             /etc/ccd.conf ではなく、 config_file から設定情報を読み込みます。

     -g      ccd の設定ファイルとして使用できる形式で、現在の ccd の設定を出力
             します。引数が指定されていなければ、設定されている全ての ccd につ
             いて出力します。引数が指定されていれば、指定された ccd についての
             み出力します。

     -M core
             名前リストに対応する値の展開に、デフォルトの /dev/mem ではなく、
             core を使用します。

     -N system
             ( getbootfile(3) により判断される) 現在稼働中のカーネルの代わりに
             system をカーネルとして使用します。

     -u      ccd の設定を解除します。

     -U      ccd 設定ファイルに書かれている全ての ccd デバイスの設定を解除しま
             す。

     -v      より冗長な出力を行います。

     ccd は、コマンド行ないし ccd 設定ファイルにて、ccd の名前、インタリーブ
     ファクタ、ccd 設定フラグ、ひとつ以上のデバイスのリストの情報により定義さ
     れます。フラグは、十進数、十六進数、コンマで区切られた名前のリスト、
     ``none'' のいずれかで表すことができます。フラグには以下の物があります。

           CCDF_SWAP       0x01      dmmax 単位でインタリーブ
           CCDF_UNIFORM    0x02      ディスク間で均一なインタリーブ
           CCDF_MIRROR     0x04      データのミラーリングを
           CCDF_PARITY     0x08      パリティ検査を行います (現状では使用不可)

     設定ファイルのフォーマットは、コマンド行から指定する場合と同一の形式にな
     ります。コマンド行から指定する場合も、設定ファイルから指定する場合も、
     ccdconfig の例をいくつか以下に示します。 ccdconfig に渡される引数は、
     /etc/ccd.conf 設定ファイルに書けるものと正に同じものです。 1 番目の例は、
     4 ディスクのストライプを 4 SCSI ディスクパーティションから作成します。ス
     トライプは 64 セクタインタリープを使用します。 2 番目の例は、複雑なストラ
     イプ/ミラーの組み合わせの例です。これは、 da2e と da3e の 2 ディスクスト
     ライプを、 da4e と da5e の 2 ディスクストライプへミラーすると、解釈しま
     す。最後の例は、単純なミラーです。 /dev/da2e は /dev/da4e へミラーさ
     れ、ccd0 に割り当てられます。

     # ccdconfig ccd0 64 none /dev/da2e /dev/da3e /dev/da4e /dev/da5e
     # ccdconfig ccd0 128 CCDF_MIRROR /dev/da2e /dev/da3e /dev/da4e /dev/da5e
     # ccdconfig ccd0 128 CCDF_MIRROR /dev/da2e /dev/da4e

     新規 ccd ディスクを作成するとき、一般的には他のことに先駆けて disklabel
     をしたいでしょう。最初のラベルを作成した後は、これを編集して、追加パー
     ティションを追加可能です。ラベル自身は、ccd ディスクの最初の 16 セクタを
     占めます。ファイルシステムを newfs で作成するだけなら、 newfs がラベル領
     域を飛ばしますので、心配することはありません。しかし、ccd パーティション
     からまたは ccd パーティション宛へ dd するつもりなら、一般的には、パーティ
     ションを作成してラベルデータに重ならないようにするのが良い考えです。例え
     ば、10000 セクタの ccd ディスクがある場合、オフセット 16 大きさ 9984 のパ
     ーティション 'd' を作成するでしょう。

     # disklabel -r -w ccd0c auto
     # disklabel -e ccd0c

     ccd ディスクに対する disklabel 処理は 1 度の機会です。他のデバイスと異な
     り、disklabel 実行時には、 ccd はパーティション 'c' を指定するよう要求し
     ています。マシンをリブートし ccd ディスクを再構成する場合、以前作成した
     ディスクラベルが残っているため再作成は不要です。 ccd パラメータの変更には
     注意してください。インタリーブ、フラグ、ccd ディスクを構成するデバイスリ
     ストを変えると、通常、ccd ディスク上にあったデータを壊してしまいます。こ
     うなってしまった場合、 ccd ディスクを (再) 初期化する前にラベルを再初期化
     するのは、通常良い考えです。


回復

     ccd ディスク上のエラーは、ミラーリングオプションを使用していない限り、通
     常は回復不可能です。しかし、ミラーリングにはそれ自身の危険性があります。
     これは、すべてのセクタの両方のコピーが同一であることを仮定していることで
     す。この仮定は、書き込みエラーが発生するか、どちらかのミラーを交換するま
     では、成り立ちます。 ccd は、貧者のミラーリング実装を使用しています。ディ
     スクエラーが発生し始めたら、 ccd ディスクのバックアップを取って、壊れたハ
     ードウェアを交換して、 ccd ディスクを再作成可能である限りは、この実装は十
     分うまく働きます。これ以上を望むなら、外部ハードウェア RAID SCSI ボックス
     や、 dpt コントローラ等の RAID コントローラや、 vinum 等のソフトウェア
     RAID システムを検討すべきです。


関連ファイル

     /etc/ccd.conf  デフォルトの ccd 設定ファイル


関連項目

     ccd(4), rc(8), vinum(8)

ABELNET VPSサービス