burncd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

burncd

前のページ 上に戻る 次のページ

burncd


            [command file ...]


解説

     burncd ユーティリティは ATAPI cd ドライバを用いて CD-R/RW メディアを焼き
     つけるために使用されます。

     利用可能なオプションとオペランド:

     -f device     焼きつけ過程において使用するデバイスを設定します。

     -s speed      焼きつけデバイスの速さを設定します。デフォルトは 1 に設定さ
                   れます。

     -e            終了時にメディアを排出します。

     -l            指定したファイルから、イメージファイルの一覧を読み取りま
                   す。

     -m            マルチセッションモードのディスクを閉じます (指定しない場合
                   には、シングルセッションとしてディスクを取じます)。

     -p            オーディオトラックに対して高域補正を行います。

     -q            静かにします。進捗状況を出力しません。

     -t            書き込みテストを行います。メディアに対して実際に書き込みは
                   行いません。

     command は以下のどれか一つになります。

     msinfo        メディア上の最後のトラックの最初の LBA と、メディア上の次に
                   書き込み可能なアドレスを表示します。これは、追加セッション
                   付の ISO ファイルシステムに追加データを追記するときに、
                   mkisofs(8)-C スイッチで使用します。

     blank         CD-RW メディアを消去します。高速な消去方法を使用するため、
                   データは物理的には上書きされず、後で使う際にメディアが空で
                   ある事を示す領域のみ上書きします。

     erase         CD-RW メディアを消去します。メディア全体を消去します。完了
                   までに 1 時間かかることもあります。

     fixate        TOC が作成されメディアが普通の CD ドライブで使用できるよう
                   にメディアを固定します。ドライバはデフォルトではシングル
                   セッションメディアを作成します ( -m を参照してください)。こ
                   のコマンドが終了した時にプログラムが終了するように burncd
                   に渡される最後のコマンドとしてください。

     raw | audio   コマンドラインで続いて指定されるイメージファイルをオーディ
                   オ (raw mode) トラックとして処理するように書き込みモードを
                   設定します。

     ファイルの長さが現在のメディアのブロックサイズの倍数でない場合ブロックサ
     イズの要求に合わせるために 0 が詰められます。慣習的なファイル名 - は標準
     入力を指し、1 度だけ使用可能です。


使用例

     データ CD-R を焼きつけるための典型的な使い方:

     # burncd -f /dev/acd0c data file1 fixate

     オーディオ CD-R を焼きつけるための典型的な使い方:

     # burncd -f /dev/acd0c audio file1 file2 file3 fixate

     ミックスモード CD-R を焼きつけるための典型的な使い方:

     # burncd -f /dev/acd0c data file1 audio file2 file3 fixate

     圧縮イメージファイルを標準入力から読んで焼きつけるための典型的な使い方:

     # gunzip -c file.iso.gz | burncd -f /dev/acd0c data - fixate


バグ

     多分あります。みつけたら報告してください。


歴史

     burncd は現在開発中です。 burncd コマンドは FreeBSD 4.0 で登場しました。


作者

     burncd コマンドは Soren Schmidt, Denmark <sos@FreeBSD.org> により提供され
     ました。

FreeBSD 4.4                     January 6, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス