btxld(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

btxld

前のページ 上に戻る 次のページ

btxld


           [-o filename] [-P page] [-W page] file


解説

     btxld ユーティリティは、指定したクライアント実行形式ファイルを、 BTX ロー
     ダプログラム、BTX カーネルとともに結合して、ブート時にロードするのに適し
     た複合オブジェクトファイルを生成します。

     オプションは以下のとおりです。

     -q      Quiet: 警告メッセージの出力を抑止します。

     -v      Verbose: 処理されるファイルに関する情報を表示します。

     -b file
             クライアントとともに結合する BTX カーネルを指定します。

     -E address
             クライアントのエントリポイントを設定します。

     -e address
             BTX ローダのエントリポイントを設定します。

     -f format
             出力形式を指定します。ここで、 format は `bin', `aout', `elf' の
             うちのいずれかです。

     -l file
             クライアントと結合させる BTX ローダを指定します。

     -o filename
             出力ファイル名を指定します。デフォルトは、 ``a.out'' です。

     -P page
             クライアントのセグメントで、 `present' とマークすべき最初のページ
             を指定します。ここで、 page は 0 か 1 のいずれかです。

     -W page
             クライアントのセグメントで、 `writable' とマークすべき最初のペー
             ジを指定します。ここで、 page は 0 も指定可能ですが、クライアント
             イメージの .text セグメントと .data セグメントを結合したものが占
             めるページ数を越えてはいけません。


関連項目

     ld(1), boot(8)


診断

     ユーティリティ btxld は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


作者

     Robert Nordier <rnordier@FreeBSD.org>


ABELNET VPSサービス