bootptest(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

bootptest

前のページ 上に戻る 次のページ

bootptest




解説

     bootptest は、BOOTP リクエストを server-name で指定されたホストに送りま
     す。このとき、応答が得られるか、10 個のリクエストが無応答に終わるまで 1
     秒間隔で連続してリクエストを送信します。応答を受けとると、 bootptest は追
     加の応答を得るためにもう 1 秒待ちます。


オプション

     -f bootfile
             ブートファイルリクエストのブートファイルフィールドを bootfile で
             埋めます。

     -h      クライアントの識別にハードウェア (Ethernet) アドレスを用います。
             デフォルトでは、クライアントがすでにその IP アドレスを知っている
             ということを示すようにリクエスト内に IP アドレスがコピーされま
             す。

     -m magic_number
             ベンダオプションフィールドの第 1 ワードを magic-number で初期化し
             ます。

             template-file が指定されると、 bootptest はリクエストパケットのオ
             プションエリアを初期化するためにこのファイルの内容 (バイナリデー
             タ) を使用します。


作者

     bootptest プログラムは独自の創作物と創作派生物の組み合わせです。メインプ
     ログラムモジュール (bootptest.c) は Gordon W. Ross <gwr@mc.com> 独自の創
     作物です。パケット表示モジュール (print-bootp.c) は BSD の tcpdump(1) プ
     ログラムから持ってきたファイルを一部変更したものです。

     このプログラムは University of California、 Lawrence Berkeley Laboratory
     とその貢献者により開発されたソフトウェアを含んでいます ( print-bootp.c の
     著作権表示を参照のこと)。


関連項目

     bootpd(8)

     BOOTSTRAP PROTOCOL (BOOTP), RFC951.

     BOOTP Vendor Information Extensions, RFC1048.

FreeBSD 4.4                      June 10, 1993                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス