bootpef(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

bootpef

前のページ 上に戻る 次のページ

bootpef


             [client-name ...]


解説

     bootpef は、 RFC 1497 (tag 18) で示されている エクステンションパスファイ
     ルを作成します。 client-name が指定されていれば、 bootpef はそれらのクラ
     イアントのためだけのエクステンションファイルをコンパイルします。


オプション

     -c chdir-path
             bootpef がエクステンションファイルを作るカレントディレクトリを指
             定します。これは、エクステンションファイル名が相対パスで指定さ
             れ、 bootpef が TFTP サーバと同じカレントディレクトリ (一般には
             /tftpboot) を使う必要がある場合に有効です。

     -d debug-level
             生成されるデバッグメッセージの量を制御する変数 debug-level を設定
             します。たとえば、 -d 4 はデバッグレベルを 4 にセットします。

     -f config-file
             各クライアントに送られるオプションデータを指示する設定ファイルの
             名前を設定します。


関連項目

     bootpd(8), tftpd(8)

     BOOTSTRAP PROTOCOL (BOOTP), RFC951.

     BOOTP Vendor Information Extensions, RFC1497.

FreeBSD 4.4                    December 4, 1993                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス