bootparamd(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

bootparamd

前のページ 上に戻る 次のページ

bootparamd




解説

     bootparamd は、 diskless(8) クライアントの起動時に必要な情報を提供するサ
     ーバプロセスです。 /etc/bootparams ファイルの内容を参照します。

     このバージョンでは /etc/bootparams ファイルにおいてホストの別名を使う事が
     できます。起動中のクライアントが発行した whoami リクエストに対し返される
     ホスト名は /etc/bootparams 中の名前であり、正式名ではありません。この方法
     により、長いホスト名を扱う事のできないマシンに対しても、起動に失敗する事
     の無い短い名前を答える事ができます。


オプション

     -d          デバッグ情報を出力します。

     -s          デバッグ情報を syslog(3) にて記録します。

     -r router   デフォルトルータを、ホスト名もしくは IP アドレスで指定しま
                 す。無指定時のデフォルトルータはサーバが動作しているマシンに
                 なります。

     -f file     /etc/bootparams の代わりに使用するブートパラメータファイル名
                 を指定します。


関連ファイル

     /etc/bootparams  デフォルトのブートパラメータファイル


使用例

     ディスクレス SunOS/Xkernel SPARCstation がネットブートするとき、ブートし
     た SunOS カーネルはオール 0 アドレスに対してブロードキャストします。
     SunOS カーネルは、応答を受け取るまで停止します。この動作に対応するため
     に、オール 0 ブロードキャストに応答するエイリアスアドレスを追加します。つ
     まり、次のような設定を、 bootparamd サーバの適切なネットワークインタフェ
     ースに追加します: `ifconfig xl0 192.168.200.254 netmask 255.255.255.255
     broadcast 192.168.200.0 alias' 。もちろん、エイリアスアドレスは、使用可能
     であるように空いている必要があります。


関連項目

     syslog(3), bootparams(5), diskless(8)


バグ

     syslog(3) への出力情報が多少冗長すぎるかもしれません。


作者

     Klas Heggemann <klas@nada.kth.se> が作成しました。

FreeBSD 4.4                    November 8, 1989                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス