boot0cfg(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

boot0cfg

前のページ 上に戻る 次のページ

boot0cfg


              [-s slice] [-t ticks] disk


解説

     FreeBSD の `boot0' ブートマネージャは、 i386 マシン (PC) がどのディスクの
     どのスライスから起動するかを、操作者が選択できるようにします。

     ここで、 ``スライス'' と言及しているものは、 BSD 以外の PC 関連文書におい
     ては一般的に ``パーティション'' と呼ばれることに注意してください。典型的
     には、リムーバブルディスク以外のみ、スライスを持ちます。

     オプションとして、 boot0cfg ユーティリティは `boot0' ブートマネージャを指
     定した disk へインストールします; そして、様々に操作可能なパラメータの設
     定を許します。

     PC では、ブートマネージャは典型的にディスクのセクタ 0 にあり、マスタブー
     トレコード (Master Boot Record; MBR) として知られています。 MBR は、コー
     ド (PC BIOS から制御を渡されます) とデータ (定義されたスライスに関する組
     み込みの表) の、両方を含みます。

     オプションは次の通りです:

     -B      `boot0' ブートマネージャをインストールします。このオプション
             は、MBR コードを交換しますが、組み込み済のスライス表には影響しま
             せん。

     -v      冗長: 定義されたスライスに関する情報などを表示します。

     -b boot0
             どの `boot0' イメージを使用するかを指定します。デフォルトは
             /boot/boot0 です。

     -d drive
             指定した disk を含むドライブを参照するために PC BIOS が使用する、
             ドライブ番号を指定します。典型的には、最初のハードドライブは 0x80
             であり、 2 番目のハードドライブは 0x81 などとなります; 0 から
             0xff までの間の任意の整数を受け付け可能です。

     -f file
             以前あった MBR のバックアップコピーを file に書き込むべきであるこ
             とを指定します。このファイルは、存在しない場合には作成され、存在
             する場合には切り詰められます。

     -m mask
             スライスの有効/無効を指定します。 mask は 0 (全スライスが無効) か
             ら 0xf (4 つ全部のスライスが有効) の間の整数です。

     -o options
             コンマで区切られた文字列であり、次のオプションを指定可能です (必
             要に応じて ``no'' を前に付けることが可能です):

             packet  ディスク関連 BIOS サービスにアクセスするときに、伝統的な
                     (CHS) インタフェースではなく、ディスクパケット (BIOS Int

     -s slice
             デフォルトのブート選択を slice に設定します。 1 から 4 までの値
             は、スライスを示します。値  5 は、2 番目のディスクからのブートを
             示します。本オプションは、通常、 `noupdate' オプションと共に使用
             します。

     -t ticks
             タイムアウト値を ticks に設定します。 (1 秒あたり、およそ 18.2
             ticks です。)


関連ファイル

     /boot/boot0  デフォルトの `boot0' イメージ


関連項目

     boot(8), fdisk(8)


診断

     ユーティリティ boot0cfg は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終
     了します。


作者

     Robert Nordier <rnordier@FreeBSD.org>


バグ

     `packet' オプションを使用すると、 `boot0' が失敗することがあります。これ
     は BIOS サポートの性質に依存しています。

     誤った -d オペランドとともに `setdrv' オプションを使用すると、MBR を誤っ
     たディスクへ書き込むことになります。注意してください !

FreeBSD 4.4                    February 21, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス