boot(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

boot

前のページ 上に戻る 次のページ

boot


     ステムは自動的にリブートします。ファイルシステムの整合性チェックが自動実
     行され、途中で失敗しなければ、システムはマルチユーザ・モードに移行しま
     す。

     B>コB>ーB>ルB>ドB>スB>タB>ーB>トB>。大多数の i386 PC は、まずフロッピドライブ 0 (ドライブ
     A: ともいう) からのブートを試み、それに失敗すると、ハードディスクドライブ
     0 (ドライブ C: もしくは BIOS のドライブ 0x80 ともいう) からブートしようと
     します。いくつかの BIOS では、このデフォルトの順序を変えたり、CD-ROM デバ
     イスをブートデバイスとして含めることができます。

     デフォルトでは 3 段階のブートストラップが使用され、ブートブロック (ブート
     ストラップの 第 1 および 第 2 段階) から、これとは別の第 3 段階のブートス
     トラッププログラム loader(8) へと自動的に制御が移行されます。この第 3 段
     階では、ブート処理において、ブートブロックにおいて可能なことよりも洗練さ
     れた制御を提供します。ブートブロックには、ディスクやスライスの限られた空
     間しか与えられないという制約があります。

     しかしながら、第 3 段階をまったく使用せずに済ますこともできます。このよう
     にするには、ブートブロックパラメータファイル /boot.config においてカーネ
     ル名を指定するか、 loader(8) が起動される前の短い待ち時間 (文字 -, \, |,
     / のいずれかが表示されている間) にキーを打ちます。第 3 段階をロードできな
     い場合にも、第 2 段階においてブートが試みられます。

     本サブセクションの残りの部分では、ブートブロックについてのみ扱います。
     loader(8) プログラムの文書は別にあります。

     ブートブロックがロードされたあとで、次のようなプロンプトが現れます。

     >> FreeBSD/i386 BOOT
     Default: 0:ad(0,a)/kernel
     boot:

     自動ブートにおいては、フロッピもしくはハードディスクのパーティション `a'
     から /kernel をロードしようとします。この動作は `boot:' というプロンプト
     が出ている間なら、キーボードから適当な文字を入力することで中断できます。
     以下にあげるような入力はブート動作に対する指示として受付けられます。

     ?       ブートファイルを探す際のヒントとして、デフォルトのブートデバイス
             のルートディレクトリにあるファイルの名前を表示します。 (パスの最
             後の部分に ? を指定することもできます。この場合、任意のサブディレ
             クトリの一覧となります。)

     bios_drive:interface(unit,part) filename [-aCcDdghPrsv]
             ブートファイルとブートフラグを指定します。

             bios_drive
                     BIOS によって認識されるドライブ番号です。 1 つ目のドライ
                     ブに対しては 0 、 2 つ目のドライブに対しては 1 、などで
                     す。

             interface
                     そこからブートするコントローラのタイプです。ブートファイ
                     しては 1 、などです。

             part    ディスク上の BSD 部分内のパーティション文字です。詳しくは
                     disklabel(8) を参照して下さい。慣例として、パーティション
                     `a' のみが ブート可能なイメージを含んでいます。ディスクに
                     スライス (``fdisk パーティション'') か設けられていた場
                     合、任意のスライスからブート可能です。デフォルトでは、ア
                     クティブスライスから、これがない場合は最初の FreeBSD スラ
                     イスからのブートとなります。

             filename
                     ブートファイルの (指定されたパーティションのルートディレ
                     クトリからの相対) パス名です。デフォルトでは /kernel とな
                     ります。シンボリックリンクはサポートされていません (ハー
                     ドリンクは使用できます)。

             -acCdDghPrsv
                     ブートフラグです。

                     -a    カーネル初期化中に、ルートファイルシステムとしてマ
                           ウントされるデバイスを尋ねて来るようにします。
                     -C    CDROM からブートします。
                     -c    ロードしたカーネルに対し、ハードウェアのパラメータ
                           を変更するため、 UserConfig を実行します。
                           USERCONFIG, INTRO_USERCONFIG, VISUAL_USERCONFIG の
                           いずれかのオプション付きでカーネルが構築された場
                           合、スクリプト中に quit コマンドがあったとして
                           も、UserConfig 中にとどまります。
                     -D    シングルとデュアルのコンソール設定を切り替えます。
                           シングル設定では、下記の -h オプションの状態によっ
                           て、コンソールは内部ディスプレイかシリアルポートの
                           いずれかになります。デュアルコンソール設定では、内
                           部ディスプレイとシリアルポートの両方が、 -h オプ
                           ションの状態によらず、同時にコンソールになります。
                           しかし、デュアルコンソール設定は、ブートプロンプト
                           の間だけでしか効果を持ちません。一旦カーネルがロー
                           ドされると、 -h オプションによって指定されたコンソ
                           ールが唯一のコンソールになります。
                     -d    カーネルの初期化のできる限り早い段階で DDB カーネル
                           デバッガ (ddb(4) を参照) に入ります。
                     -g    GDB リモートデバッギングプロトコルを使用します。
                     -h    内部コンソールとシリアルコンソールの切り替えを行い
                           ます。これを使用してコンソールデバイスを変更できま
                           す。例えば、内部コンソールからブートした場合、カー
                           ネルがコンソールデバイスとしてシリアルポートを使用
                           するようにするため、 -h オプションを使用できます。
                           反対に、シリアルポートからブートした場合、カーネル
                           がコンソールとして代わりに内部ディスプレイを使用す
                           るようにするため、このオプションを使用できます。シ
                           リアルポートドライバ sio(4) には、このオプションに
                           優先するフラグがあります。そのフラグが設定される
                           と、ここで記述した -h オプションとは無関係に、シリ
                           す。

     デフォルトを設定するため、BIOS ドライブ番号, コントローラタイプ, ユニット
     番号, パーティション, カーネルファイル名と有効なオプションを /boot.config
     に書くこともできます。 `boot:' プロンプトでタイプするように、 1 行で書い
     てください。


関連ファイル

     /boot.config  ブートブロックに対するパラメータ (必須ではない)
     /boot/boot1   第 1 段階のブートストラップ
     /boot/boot2   第 2 段階のブートストラップ
     /boot/loader  第 3 段階のブートストラップ
     /kernel       デフォルトカーネル
     /kernel.old   普通は非デフォルトカーネル (必須ではない)


関連項目

     ddb(4), ttys(5), boot0cfg(8), btxld(8), config(8), disklabel(8), halt(8),
     loader(8), reboot(8), shutdown(8)


診断

     ディスク関連のエラーが発生すると、第 2 段階のブートストラップがエラーを報
     告します。 BUOS が返すものと同じエラーコードを使用し、例えば ``Disk error
     0x1 (lba=0x12345678)'' などと報告します。エラーコードの一部のリストを示し
     ます:

     0x1   不正な引数
     0x2   アドレスマークが見付かりません
     0x4   セクタが見付かりません
     0x8   DMA オーバラン
     0x9   64K 境界を越えて DMA を試みました
     0xc   不正なメディア
     0x10  訂正できない CRC/ECC エラー
     0x20  コントローラの異常
     0x40  シークの失敗
     0x80  タイムアウト

     B>要B>注B>意: BIOS が提供する伝統的なディスクインタフェースの制約のため、ブート
     フェーズにアクセスされるブート関連の全ファイルと構造 (カーネルを含みます)
     は、ディスク上で (BIOS が理解するジオメトリにおいて) シリンダ 1023 以下に
     置かれることが必要です。第 2 段階のブートストラップが ``Disk error 0x1''
     を報告する場合、通常はこの条件が満されていないことを意味します。


バグ

     このバージョンの BSD で使用されている disklabel(5) のフォーマットは、他の
     アーキテクチャで使用されている物とは全く異なっています。

     空間の制約により、 -P オプションにより起動されるキーボード検出は、BIOS が
     ``拡張'' キーボードを検出したかを単にテストするだけです。 ``XT/AT'' キー
     ボード (F11, F12 キーなどを持ちません) を接続した場合、検出は失敗します。

     まだ記述されていない機能があります。


ABELNET VPSサービス